ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.25 12:23新刊情報

『戦争論』から地続きの最新作!『コロナ論』発売中!!

ライジング・コメント欄から
『コロナ論』の
感想ご紹介です!!

 


 

『コロナ論』ひとまず読了。
凄い本です!
私は、『SPA』の連載を読んでいましたが、記憶力が悪いので、連載分から描き下しまで、初めて触れる思いで読みました。
スピード優先の為、誤植等の指摘が多々有る様ですが、私は何も気になりませんでした。ただただ、よしりん先生の、この狂った世の中を正したいと言う思いが伝わりました。その上、単に情念からだけでなく、数字とサイエンスに基づいた論理の帰結としての本書です。読めば納得するしか有りません。

「コロナ脳」な世の中において、何故言論人の中で、よしりん先生だけが、(と言っていいのでしょう)初めからコロナ禍の本質を見抜いていたのか不思議でも有ったのですが、それは、よしりん先生が“ナショナリスト”だからだと分かりました。
日本人の多くは、“グローバリスト”なので、コロナの本質が見えないのだと。

各国にはそれぞれの歴史や事情が有るのに、“グローバリスト”にはそれが分からない。そして「専門家」も、“グローバルスタンダードのコロナ対応”が存在すると思っているから、「2週間後にはNYになる」とか「PCR検査が世界に比べて後進国」などと言い、日本人のほとんども、それを信じて来たのではないでしょうか。

他方、“ナショナリスト”であるよしりん先生だから、日本におけるコロナを虚心坦懐に捉えて理解することが出来、世間の空気に抗って、一人持論を主張出来たのでしょう。
また、“ナショナリスト”と言う点で言えば、その源流は『戦争論』から地続きに繋がっており、今回の『コロナ論』もその線上の最新作だと思いました。

これから、日本を覆う「コロナ脳」の呪縛をどう解いて行くかですね。“世界標準のコロナ対応”では無く、“日本のコロナ対応”が有って良いのだと、多くの日本人が理解する必要が有ります。
『コロナ論』は、日本人の目を覚ます為の処方箋です。ここから、一人一人が自分の頭で考え、自己免疫で緩解するしかないのかなと思いました。

最後になりましたが、よしりん先生・もくれんさん・スタッフの皆様、世に問うて頂き有難うございました。
(トロツキスト?さん)

 

仮にコロナ騒動が収束したとしても、
「グローバル脳」を始めとする、この騒動が
あぶり出した日本人の問題点は何一つ
解決しません。
この本はコロナ禍という一過性の事象を描いただけには
全くとどまらない日本人論となっており、
長く読み続けられなければならない本なのです!

ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論
絶賛発売中!
Amazonの入荷9月5日? なんとかならんのか!?

 

[目次]
メディアが報じない「不都合な真実」
日本における「新型コロナウイルス」と「季節性インフルエンザ」の感染者数と死者数

第1章  新型インフルエンザの顚末
第2章  日本ではコロナは恐くない
第3章  抑圧策から緩和策へ転じよ

【対談】元厚労省医系技官・医師木村盛世氏×小林よしのり
幸運にも「抑圧政策」を実行中にワクチンが開発されたとしても、
その間に社会や経済や文化がボロボロになってしまえば意味がない

第4章  データを無視する専門家
第5章  岡田晴恵・玉川徹は恐怖の伝道師
第6章  スウェーデンは成功している
第7草  5密会談
第8章  東京の抗体保有率O・I%
第9章  スウェーデンの死生観

闘論席(『週刊エコノミスト』2020年4月14日号/5月19日号/6月16日号)

第10章  お辞儀と清潔感の驚異
第11章  世界各国のコロナ対策事情
第12章  ウィルスとは進化の鍵だ
第13章  インカ帝国の滅亡

指数関数的に卜ンデモ大爆発の『モーニングショー』泉美木蘭氏
PCR真理教の妄言 時浦兼

【特別講義】 金塚彩乃氏
新型コロナウイルスとフランスの緊急事態法
~日本の「緊急事態宣言」とは何だったのか?

第14章  グローバリズムの失敗と権威主義
第15章  自由よりお上に従う日本人
第16章  経済の方が命より重い

「コロナ脳」との闘い
~小林よしのりブログ『あのな、教えたろか。』が辿った軌跡

緊急事態宣言下、全国の様子と読者の目

あとがき

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ