ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.9.9 10:52新刊情報

門下生報告・友人のコロナ脳が解けた話

門下生メーリスの
報告をご紹介します!

 


 

先日、友人がお客様として私の職場に来ました。
子供が幼稚園時代に知り合った友人です。
子供が大きくなるにつれて、お互いに仕事をはじめたり忙しくなって、あまり会えなくなっていました。

一通り手続きを済ませた後、しばし立ち話。
お互いの子供達や家族の近況報告の後、自然とコロナ騒ぎの話へ。

友人は、学校行事が中止になったり、
新しい生活様式仕様に学校行事内容が変更されて面白くない行事内容になってしまったり、
人数制限のため保護者参加禁止になったりと、
学校生活がコロナ騒ぎで変化して、子供達に多大な影響が出ている事を憂いていました。

そこで、

★何故かテレビでは全く取り上げないが、インフルエンザは毎年1000万人も感染者がいて、インフルエンザ関連死は毎年1万人もいる。

★それに比べて、今のところコロナ関連死は約1400人。

★ゆ・え・に、コロナはインフル以下としか考えらない!

★つ・ま・り、インフルでもやってなかった緊急事態宣言、自粛、新しい生活様式、マスク着用徹底、学校休校などは、まーーーったく必要なかった!

と、話したら友人は、

ええええーー!!そうなの???
コロナはインフルエンザより怖いウイルスかと思ってたよ。
だったらインフル流行期でも修学旅行へ行ってたから、今年も修学旅行へ行けたはずだし、
3ヶ月もの長期コロナ休校で子供達の勉強が遅れることもなかったよね?

インフルエンザと同じ対処の仕方で良かったって事じゃん!

教えてくれてありがとう。
私もインフルエンザの感染者数と死者数を調べてみる!

と、パーっと顔が明るくなっていました。

実はマスコミや政府や専門家もわかっていて、今更「間違ってました!」とは言えないから、
(もし間違いを認めたら、大量倒産や廃業・失業させてしまったことや、税金使って莫大な金額の補償をした事への責任問題になるから、徹底的に隠したい)
ワザとインフルエンザと比較する事を避けているのではないか?

と、話がつきませんでした。

キチンと説明すれば、余程のコロナ脳ではない限りわかってくれるのだという事を実感した出来事でした。

唯一、日本での正確なコロナの姿がわかる『コロナ論』がもっと多くの人に読まれる事が、狂った日本を正常に戻す事に繋がっていくと改めて思います。

コロナ論、Amazonでは、
・売れ筋ランキング
・ほしい物ランキング
・人気ギフトランキング
で、堂々のベストセラー1位になってますね(≧∇≦)

木蘭師範との本も楽しみです。
コロナ論で一日も早くコロナが正しく認識され、日本が正常化してほしいと思います。
(よっしーさん)

 


 

マスコミも、間違っていたら間違っていたと
早めに謝った方が傷は浅くて済むのに、
全くその気はないようです。特にテレビ朝日は!

やっぱり、この本が普及するしかないのです!!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ