ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.9.16 07:39日々の出来事

マスク脳とコロナ脳

今日は「FLASH」編集長とりか坊と新担当編集者との会合。
りか坊は書籍部に異動したけど、『よしりん辻説法』の担当は
継続してもらわないと重要なキャラが描けなくなる。
女性の感性に合わせて描いてる作品だしな。
新担当はりか坊が忙しいときにフォローしてもらえるようだ。

「SPA!」『ゴーマニズム宣言』の最後のページのハシラに、
『コロナ論2』が今秋発売と書いてあって、あわてた。
もう秋やんけ。
急いでチーフ広井に相談して描き下ろしをいつまでに上げ
られるか聞いた。
すでにこれさえ収録すれば万全という2本の長編描き下ろし
に着手していて、1本はほぼ完成、もう1本はペン入れを
開始したばかりだ。
明日、発売をいつにするか、担当氏と話し合う。

ピーチ航空のマスク拒否者の排除以来、ますます一般大衆
のコロナ脳が強化された。
『コロナ論』がコロナ脳を治療した効果の報告も続々届いて
いるのだが、なにしろテレビの影響力は恐るべきだ。
ピーチ航空の件は今週土曜日の「オドレら正気か?」生放送
で語る。

「マスク脳」は「コロナ脳」の亜種で、科学と全く無関係に
遺伝子の変容が見られ、麻生大臣もやってたが、口元のみを
覆う透明のシールドになって、飛沫が上に飛びまくりだったり、
食事中に「手持ちマスク」で口もとを覆うのが推奨されたり、
挙句の果ては扇子で口もとを隠すだけで、飛沫漏れまくり
だったり、非科学的な暴走が始まっている。
そもそも飛行機の中で食事中にマスクはずしていいのなら、
マスク強要は全く無意味だと思うのだがね。

コロナ脳は凄い。科学無視の全体主義で相変わらず経済
を蝕んでいる。
泉美さんとの共著の発売も必要だし、なんとか『コロナ論2』
の発売も年内に間に合わせたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ