ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.9.24 06:00皇室

天皇は「君主」か?

先に「天皇は『国民』か?」という問題を提起した。
結論は勿論(もちろん)、国民にあらず。
では次に、「天皇は『君主』か?」という問いに、多くの人々は
どう答えるだろうか。

「天皇は国の『象徴』」という説明は、学校その他で耳にタコが
できるほど聞いているに違いない。
しかし、“君主かどうか”について自信を持って回答できる人は、
意外と少ないのではあるまいか。
恐らく、漠然と「象徴だから君主ではないのだろう」という
受け止め方をしているのではないか。

しかし、「象徴」と「君主」は勿論、二者択一の関係にはない。
と言うより、君主“だからこそ”象徴たり得る、という考え方も可能だ。
以下、模範解答の一例を掲げる。

「一般に、君主の地位については、①独任機関であること、②多くの場合、
特別身分に属する者が世襲制の原理に則(のっと)って就任すること、
③統治権の一部を担うこと、④対外的な代表権をもつことといった
標識が重視されてきた。
しかし、これらのもつウエイトは決して同じではないことに
注意する必要がある。
というのも、君主の権限に着目した場合の二要素(③④)は、
身分に着目した場合(①②)とは異なって、制限君主制のあり方と
ともに変化しており、その地位のとらえ方はかなり違ってくる
からである。

したがって、(a)その権限が強大であった時代の古典的な君主と、
(b)立憲君主制の下での権限が名目化した現代型の君主とでは、
その概念を区別して考えることが適切であろう。

この後者(b)の場合においては、『君主』概念の重点は、
憲法上の権限より、むしろ地位・身分にかかわる要素ーー前記の
①と②ーーに置かれるが、これによれば、天皇は現代型の君主に
相当することになり、その意味で日本は立憲君主国ということになる」
(大石眞氏『憲法講義Ⅰ 第2版』平成21年、有斐閣)歴史上の
天皇の実際の在り方を見ると、政治の「権限」から離れていた時代の方が、
むしろ長い(引用文中の“〔a〕古典的な君主”だった時期は限定的)。

その意味では、日本の天皇は古くから、世界における「(b)現代型の君主」
の“先駆的存在”だった、と言えるのではないか。
上皇陛下ご自身も、以下のように述べおられた。

「日本の皇室は、長い歴史を通じて、政治を動かしてきた時期は
きわめて短いのが特徴であり、外国にはない例ではないかと思っています。
政治から離れた立場で国民の苦しみに心を寄せたという過去の天皇の話は、
象徴という言葉で表すのに最もふさわしいあり方ではないかと思っています」
(昭和59年4月6日)

「天皇が国民の象徴であるというあり方が、理想的だと思います。
天皇は政治を動かす立場になく、伝統的に国民と苦楽をともにする
という精神的立場に立っています」(昭和61年5月26日)ー

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ