ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.9.24 11:05日々の出来事

『コロナ論』増刷決定!

本日、『コロナ論』4刷り増刷が決定した!
自分じゃさっぱり実感ないが、順調に売れているらしい。

結局、新型コロナはわしが描いたことが、専門家より
正しいと証明されるときが来るだろう。

スウェーデンは集団免疫が完成して終息しているし、
欧米で感染再拡大してるのは、ロックダウンが厳しすぎ
たから、リバウンドしているわけで、欧米人はその理屈が
まだ分かっていないらしい。

日本は法的にロックダウンできなかったことが幸いして、
緩やかな集団免疫の獲得に向かったが、自粛がそれを
妨害したために、リバウンドがあった。
ハンマー&ダンスは愚策である。
終息を長びかせるだけで、経済の打撃が大きい。

東京はすでに集団免疫が出来ているはずだし、人々
の行動制限は絶対に止めなければならない。
子供も若者も、もっと活動するべきである。

『コロナ論』がもっと売れれば、モーニングショーが
洗脳した「コロナ脳」が解除される。
そして11月に泉美木蘭さんとの共著を発売する。
『コロナ—専門家を問い質す!』
さらに12月に『コロナ論2』で、この愚劣な誤情報に
よるコロナ「インフォデミック」を終わらせる。
年内にケリをつけて、来年は東京オリンピックを実現
させてやろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ