ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2020.10.7 10:19

今朝の毎日新聞・古賀専門編集委員コラム「水説」(2面)で、『リベラルの敵はリベラル』について紹介いただきました!

本日10月7日の毎日新聞朝刊2面の、古賀攻編集委員コラム「水説」で、拙著『リベラルの敵はリベラルにあり』を取り上げていただきました。

これがかなり拙著の要点をとらえてくださってます。
「内輪もめの勧めかと早合点しそうだが、もちろん違う」
そうなんです違うんです!

また、リベラルとナショナリズムという一見食い合わせの悪そうなコンビネーションについても、
「しかし、民主主義の会員は国内にいるのだから、ナショナリズムは民主主義の伴奏者でもある。ソフトなナショナリズムを使ってリベラルの包容力を高めようとの提案は、深堀の価値がある」

まさに、ナショナリズムに対して「ソフト」とか「伴走者」っていう表現に刮目しつつ、絶望しながら、まだこの国のために声を上げるのは、国家とかよりもさらに肌感覚的な家族とか友達とかいきつけの店とかそういうものへの愛着がコアにあるよねと思ってます。

最後に、私が議員会館まわって拙著配ったことへの与野党の議員の方々からの反応について、稲田さんや中谷さんが登場しつつ、チクッと触れられているのもおもろ!

 

11日の道場にも参加できることになったので、じっくり「日本型リベラルは可能か」についても、議論したいと思います。

ネットも有料記事なのですが、貼り付けておきます。

↓  ↓  ↓

毎日新聞・古賀攻(専門編集委員)「水説」

 

 

倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ