ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.10.8 08:25日々の出来事

コロナ禍は終わらない

この新型コロナ禍は、来年11月まで終わらない。
ワクチンが浸透したらようやく終わるというアメリカの
大学の論文が出ている。
さらにそこからコロナ前の状態に戻るには2年を
要するという。

英国の大型映画チェーンが「007」の公開が延期
されたため、今後も収益が見込めないということで、
倒産し、4万人以上がリストラされるという。
ハリウッド大作は、来年どころか再来年まで公開が
延期されている。

新コロ禍は今後もずっと続くのだ。
日本ではオリンピックがあるからと思うかもしれないが、
日本人はグローバリズム脳だから、アメリカで感染が
増えれば、2週間後は日本もそうなると恐れる。

コロナ禍が終わらなければ、何も始まらない。
コロナへの恐怖は「本能」に根ざすものだから、
一番の関心はどうしてもコロナになってしまう。
玉川徹の臆病で滑稽な姿が、そのまま国民感情に
投影されているのだ。

日本における新コロの弱毒性の事実に気付いた者
たちは、もっと騒がなきゃならない。
コロナ脳信者に無視されるレベルだから「委縮世界」
が終わらないのだ。
日本人は先祖から与えられた免疫系の強靭さを
まったく活かせなかった。
罰当たりである。

街の中からマスクをしない者が半分以上になるまで、
コロナ禍は終わらない。
自由がなくても延命できればいいという畜群の方が
多いのだから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ