ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.10.23 10:39日々の出来事

マスクを一度もしたことがない国

今朝の産経新聞に「マスク一度もしたことがない」という
タイトルで、スウェーデンの対コロナ政策を紹介している。
このタイトルは今のマスク真理教に嵌った日本人には
衝撃だろう。
しかし、産経新聞よくやった。
ようやくスウェーデンの政策が議論の俎上に乗った。

言っておくが、日本は海外よりもっと安全だ。
PCR検査の陽性者はスウェーデンより少ないし、
死亡者数も少ない。
それはマスクのおかげではなく、「ファクターX」がある
からであり、免疫が欧米人より強靭だからである。

ところで東大のマスク実験について、読者の感想が
寄せられたが、やっぱり『ゴー宣』読者は自分の頭で
考えることに慣れているので、みんな科学的・合理的な
意見を述べている。
テレビのコメンテーターをやってる識者の方が、大衆化
していて、アホを晒している。

わしはマスク要らないを教条主義にするつもりはなくて、
インフルエンザと同じように振る舞えと言っているだけだ。
インフルエンザの時に、マスク付けているのなら、それで
いいし、マスクで酸欠になる人はつけなきゃいい。

平熱で、体調も万全の者が、「自分が感染しているかも
しれない」なんて、そこまで自分が信じられない者が、
他人を幸福にできるわけがないし、何かをやり遂げること
なんかできやしない。
アニマル・スピリットを持たぬ者は、マスクして自滅しろ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ