ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.10.25 06:00皇統問題

皇統問題、緊急シンポジウム開催!

来る11月25日、緊急シンポジウム
「皇位の安定継承に向けてーもはや先延ばしは許されない!」を開催する。

元々、4月に予定していて新型コロナ禍の影響で一旦、延期していた企画だ。
パネリストは当初の予定通り。

関東学院大学教授で『立憲君主制の現在』等の著書がある君塚直隆氏、
コラムニストで『雅子さまの笑顔』等の著書がある矢部万紀子氏、
漫画家で『天皇論』等の著書がある小林よしのり氏、それに私。

司会は弁護士で『リベラルの敵はリベラルにあり』等の著書がある倉持麟太郎氏。
私を除き豪華メンバーだ。

その他、山尾志桜里衆院議員ほか、この問題に前向きに
取り組んで戴ける国会議員にも発言して貰う予定。

午後4時~6時という限られた時間ながら、
重要な論点は漏らさずに取り上げたい。
会場は参議院議員会館1F講堂。
平日(当日は水曜日)のこの時間帯は、なかなか参加しづらいだろうが、
この問題の最後の決着は国会が決めるから、議員のスケジュールに
配慮した結果だ。
ご理解戴きたい。

勿論(もちろん)、国民の熱意こそが国会を動かす。
なので、志ある国民の参加を広く呼び掛ける。
このシンポジウムを是非とも成功させて、
皇室典範改正への大切な一歩にしたい。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ