ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2020.10.25 09:17ゴー宣道場

「東海ゴー宣道場」で皆が期待していること

11月8日(日)に開催される「東海ゴー宣道場」、
第二部の「嵐を呼ぶ質疑応答」で師範方への質問を
募集したら、来る来る、まだ来るよ!
もはや私では追い切れず、ひとまず
ちぇぶさんとマメ菓子さんにとりまとめをお願いした。

それにしても・・・、
このバラエティに富んだ質問の数々、
ただただ驚くばかり。

師範方のパーソナリティに関する微笑ましい質問、
これまで道場でテーマになったことを
さらに掘り下げて突っ込んでくる質問、
今の世の中を自分なりに分析し、あるいは悩み、
それについて師範方はどう思うかという質問等々、
短い質問文の中にそれぞれの思いがうーーんと
詰まっている。
そしてどの人も自分の頭で考え、自分の言葉で
綴っているのが最大の特徴だ。

こういう「個」の集団、ほかにあるだろうか。
誰も「自分にとって心地よい」言葉なんて期待していない。
「自分が正しい」ことを承認してもらいたいのでもない。
自分の思考を深めるための「ぶつかり稽古」を期待しているのだ。

これこそ、まさに「道場」です!


道場当日は参加された方からのダイレクト質問も受け付ける予定です!
絶対コレ聞きたい!という人は、直接会場で手を挙げてくださいね。
さて、限られた時間内でどう配分するか・・・。
ただいま作戦練り中!!!

【第93回ゴー宣道場(第2回東海ゴー宣道場)】
■テーマ:「愛子皇太子の可能性」「嵐を呼ぶ質疑応答」
■日時:令和2年11月8日(日)14:00~
■場所:名古屋市内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1,000円(小学生以下は無料)
応募〆切: 10月28日(水)
お申込みはこちらから。
https://www.gosen-dojo.com/application/

迷っている方、この「祭り」に参加しなきゃ損ですぞ


笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ