ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.10.31 15:35日々の出来事

コロナデマ恐怖で犠牲になる若者・子供達

門下生メーリスからの
現場報告です。

 


 

こんにちは(^^)
久しぶりに現場報告します、千葉のよっしーです。

モーニングショーや玉川氏はじめマスコミが煽りに煽ったコロナ『デマ』恐怖によって、本当はインフルエンザより死者の少ないコロナなのに、
コロナ=恐怖の殺人ウイルス
というデマがまだ国内から払拭されていません。

その結果、失業・廃業・倒産が増大して国民の生活が困窮する「デマ被害」が増大していますが、
子供や若者も大変なデマ被害を被っています。

学校の様子
私の息子は中3で受験生、次女は高2ですが、
・模擬試験は密を避けるため会場での受験が中止!
(自宅か塾で模擬試験を受けることに)
・各高校で受験生向けに毎年行われる高校説明会は中止かオンライン説明会へ変更
・修学旅行は軒並み中止か日帰りに変更
・飛沫が飛ぶ行事の校内合唱コンクール中止
・体育祭は午前のみ。騎馬戦など人が密着するものはやらない、飛沫が飛ぶ応援・声援禁止など、
息子曰く「クソつまんねー」体育祭へと変貌
・校内では必ずマスク着用!
・コロナ対策で先生方が疲弊。
(教育委員会から感染症対策指示が各学校に通達されているため、学校は逆らえないようです)

大学生の親の意見
感染症対策でオンライン授業をするという美名のもと、「ほぼ通信制大学」と化した大学に子供を通わせている親からは、
「通信制と同じなのだから、馬鹿高い授業料返して!」
という意見を周りから聞くようになりました。

年間100万円と言われる大学費用は親の負担が大きく、親が無理してお金を工面したり、子供が自ら奨学金という名の借金をして大学に通っているというのに、
(インフル以下のコロナなのに)感染症対策で通信制大学と同等になったのにもかかわらず、学費はそのまま。
不満が出るのは当たり前です。

大学生である子供達も、小中高と対面授業が再開されているのに何故大学だけ再開しないのか?
馬鹿高い学費を払って通う意味は?
など、不満を募らせていると知人の親御さんから聞きます。(当然の不満です)

イタリアに住む妹の話
欧州では感染者が増えているようですが、イタリアでは今回は休校せず、コロナに罹った生徒が出たクラスが学級閉鎖するという、日本のインフルエンザ対策と同じやり方をしているようです。
日本より甚大な死者が出たイタリアですら、ロックダウンはもうできないのでしょう。
やはり、ウイルスとは共存していくしか道はないのです。
PCR検査で陽性者を炙り出し、(潔癖な)隔離政策を取れ!とテレビで連呼していた玉川氏の発言はやはり異常です。

コロナ=恐怖の殺人ウイルス
という、マスコミの史上空前のデマ拡散によって、子供や若者への被害も拡大しています。

コロナデマ被害は、あまりにも甚大です。
コロナデマをテレビを使って拡散したマスコミ・専門家は、デマを撤回する発言・報道をする義務があると思います!!
ここまでの被害を出しているのですから、必ず責任を取らなくてはなりません。

コロナはインフルエンザ対策と同程度の対策で十分であるという、正しいコロナ情報を日本国民に早く知らせなくては、デマ恐怖の被害がますます拡大するばかりです。
指定感染症からも早急に外さなくてはなりません。

私は周囲へコロナの話をしたり、市長や教育委員会へ意見投稿、地元の図書館へコロナ論配布など、引き続きやれる事をやっていきたいと思います。

もうすぐ発売される「コロ問い」と「コロナ論2」が、ホントーーに待ち遠しいです。

長文、失礼しました。

 


 

何があろうと会社に定年までしがみつき、
定年を迎えた後は嘱託かなんかで会社に残って、
悠々自適の人生を送ろうと考えている
57歳テレビ朝日社員には、自分がそんなことを
望めるような立場にないほどの
重い罪を背負っていることに
気が付く時が
来るのでしょうか?

いや、絶対に気付かせなければならない!
と思います。

 

 

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ