ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.11.4 11:06小林よしのりライジング

テレビには不都合な真実満載!ライジング377配信!

1日遅れたけど午前中アップ!
お昼休みに読める!
小林よしのりライジングVol.377
配信です!!

今週号のタイトルは
「テレビと言論の自由の話」


 

『ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論』発売中!
『新型コロナ 専門家を問い質す』18日発売!
『コロナ論2』来月発売!
この「本の力」で、必ずコロナを終わらせる!

…と言っても、未だに
「テレビの影響力は本より大きいのだから、
同時にテレビを利用する戦略をとったらどうか」だの
「なぜもっとテレビに出ないのか?」だのと
言ってくる者がいる。

同様に、
「なぜもっとYouTubeを充実させないのですか?」
と、なんか上から言ってくる者もいる。

あまり幼稚なことを平気で言ってくる人が
なぜこんなに多いのだろう?
少しでも現実を考えれば、わかりそうなものなのだが。

それができるんなら、とっくにやっている!
現実に世の中を変えるのは「本の力」しかないのだ!

今回は、現実のメディアはどうなっているのか、
その中で戦うにはどうすればいいのかを、
誰にも分かるように説く!!

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録は
「内村航平選手“偽陽性”事件を考える」

羽鳥慎一モーニングショー、
特に玉川徹はこれを読み、答えてみよ!

体操男子の内村航平選手が、合宿先の定期PCR検査で
「新型コロナ陽性」と判定され、その翌日
「偽陽性」と判定された。

その間に起きた大混乱。
これがオリンピック期間中だったらどうなった?

しかも、内村選手だから翌日偽陽性が判明したが、
これが一般人だったらどうなった?
人生を左右するような事態に発展していた
可能性すらある!

検査は万能ではない!
それを、万能の対策であるかのように
言いまくっていたモーニングショー、玉川徹は
何故この件を無視している!?

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…わしは「本の力」で、何としてもコロナ騒動を終わらせる決意である。ところが「本の力」を信じられず、「テレビの影響力は大きいのだから、同時にテレビを利用する戦略も取るべきではないか」「ユーチューブの影響力はすごいのに、なぜユーチューブをもっと充実させないのか」等と言う者がいる。テレビやユーチューブに言論の自由などない!というより、本当は完全な言論の自由などどこにもないのだ!「言論の自由」があるなどと思い込む「学級民主主義」的な幼稚な感覚は今すぐ捨てよ!!

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…10月29日、体操男子の内村航平選手が、合宿先の定期PCR検査で「新型コロナ陽性」と判定されたことが発表され、その翌日、再検査によって「偽陽性」だったと判明する事件が起きた。内村選手は「陽性」と判定された後、ただちに個室に隔離され、体操練習場は封鎖、日本チームの練習は中止、全選手が臨時のPCR検査を受け、さらには「国際大会中止」という話まで飛び出していたのだ。PCR検査の「偽陽性」は大問題である。もしもオリンピック期間中に同じことが起きたらどうなるのだろうか?

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
東京よりも大阪の方が洗脳が解けやすい?
私のマスク抵抗作戦に意味はある?
いじめ防止のため、あだ名で呼び合う事を禁止する小学校が増えている!?
コロナ禍の様子から実はアメリカ人も個が弱い?
震災等で東京に万が一の事があった場合を考えると「副都」はあった方がよい?
麻生太郎の「若者が政治に関心がないことは悪いことではない」発言をどう思う?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第395回
「テレビと言論の自由の話」

2. しゃべらせてクリ!・第334回
「愛情と飛沫のぺろぺろハリケーンぶぁい!の巻〈前編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第189回
「内村航平選手“偽陽性”事件を考える」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ