ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.11.16 06:00政治

日本を眷恋する誠直の衷情

「三島事件」裁判の判決文は、意外なほど事件の当事者達に同情的だった。
引き続き、その事を窺(うかが)わせる箇所を引用する。

「本件(三島事件)にあっては、三島(由紀夫)、森田(必勝、まさかつ)
及び被告3名が自衛隊と結託して政治的野望を遂げようとしたとか、
武力革命を自衛隊に対し唆(そそのか)したという点は窺えず、
同人らはひたすら自衛力の保持こそ我国(わがくに)を
保全する所以(ゆえん)であり、自国の安全を他国の友情や
犠牲にゆだねることは独立国家の否定を意味するとし、
自衛隊を憲法上の国軍と明定すべきであると信じ、
このことを死を決して国民に訴えんとしたものであって、
日本を眷恋(けんれん=恋いこがれること)する
誠直(せいちょく=誠実で正しいこと)の衷情(ちゅうじょう=まごころ)
は否定しえず、その動機に私利私欲なく、
粋然(すいぜん=混じりけがないこと)たるものがあるゆえ、
当初から自衛官殺傷の犯意はなく、本件全証拠によっても、
本件の目的、行動をとってもって軍国主義思想の発現ないし
推進と断ずることはできないものである」と。

同事件の動機を「日本を眷恋する誠直の衷情」に基づくと
見なしたのは、当事者達に対し、裁判官としてほとんど
最大限の共感的理解を示している、と言えるのではあるまいか。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ