ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.11.16 10:27日々の出来事

全体主義との戦いである

昨日、宮根の番組を見ていたが、自分の体調が優れず、
咳をしているのに社員と会議を開いて、部下に感染させ
た上司がいたらしい。
新コロ陽性を隠していて、あとで濃厚接触者である社員
に連絡したようだ。
部下は騙されて、感染したことになる。

いくら新コロが大したことがないと言っても、今どきの
全体主義状況で、他人に感染させたら、大変なことに
なることは当然だ。
濃厚接触者の追跡が始まって多くの人に迷惑をかける。

そもそもインフルエンザにしたって、自分が罹っている
のに、わざわざ他人にうつすのはマナー違反だ。

君たちに言っておくが、新コロに罹って、大した症状が
出ていなければ、「検査=隔離」を受けるか否かは自由
だし、こっそり自宅療養するのも自由だ。
ただし、嘘をついてはいけない!

「ゴー宣道場」の開催日の朝、体調が悪ければ欠席
するのだ。
会場では「検温」をしろ。マスクよりも「検温」だ。
コロナよりも、マスコミが作り出した「全体主義」が怖い
のだ。
コロナとの戦いではない!
全体主義との戦いである!!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ