ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.11.24 10:50日々の出来事

「皇女」案は皇室を滅ぼしたい連中の罠

政府が「皇女」の創設を検討しているそうです。
眞子さま、佳子さま、愛子さまが結婚したら、
公務員になって、皇室の仕事を手伝うだけの人に
なるそうです。

これはデマ情報なのかもしれない。
もしデマ情報だとしても、こんな情報を読売新聞が
流すことは、深刻さが全くないことを証明している。
「皇女」が実現したら、長く続いた皇室の歴史が
終わる。

奈良で行なう「天皇制は必要か?」の議論は、
わしの危機感の表れだが、「この議題を棄却せよ」
とわしに反旗を翻す者がいた。

棄却提案について、批判する者も門下生から現れ
ないので、そこまで国民を信頼しているのなら、
テーマを棄却しても構わないので、ではどうやって
議論を喚起するのか、その方法論を提出してください。

「愛子皇太子の可能性」とテーマ設定しても応募者
が増えなかったのに、どうやったら皇室の危機に
対して深刻な関心が生まれるのか、ぜひ教えて頂き
たい。

必要なのは「深刻な関心」です。
遊びじゃないんだ。
本当に政府の中にも「皇女」なんていうふざけた案が
検討されているのなら、深刻になるべきは「ゴー宣道場」
しかないはずだ!

門下生よ!自分の頭で考えられるのなら、棄却すべき
か否か、そこも意見を出し合えばいい。
奈良は来年3月なのに、もう議論は始まっている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ