ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.12.24 03:09

去年の今頃はもうコロナ大量に入ってきてたでしょ

去年の今頃は、武漢からの中国人観光客が、
せっせと日本にコロナを持ち込んでいた頃でしょう。
世界で一番中国人観光客を受け入れていたのは日本でしょ。
とっくに一周回ってるのに、いまだにコロナを
科学的に
理解できない医師会って、どういう団体?

世界一中国人観光客を受け入れていたのに、
日本の感染者、死者って一貫してこんなにちょろっとだけ
なんですよ。

三浦瑠麗さんが、『とくダネ!』で、
「医療緊急事態宣言」の会見で話していたのは、
コロナ患者の受け入れを拒否
している私立病院の人間が
大半だと指摘し、

「もっと致死率が高くて感染力の高いウイルスを持つ
感染症患者が来ても、拒否するんですか?」
と発言したそうだ。素晴らしい!

赤ちゃんから老人までお構いなしに感染して殺し、
年間1万人が死亡しているインフルエンザならOKで、
コロナは拒否、だから国民が気を引き締めろなんて、
まったく科学的判断でも医療者的判断でもありません。

「医療崩壊させないために、
コロナをいつまでも2類相当の指定感染症にしないでくれ、

インフルエンザみたいに普通に診察できるようにしてくれ、
こんな大袈裟で面倒な扱い方をいちいちしなくても、
こっちは医者なんだから現場の判断に任せてくれ、
160万床もベッドがあるのに、コロナに2%も回せずに、
ひっ迫してるなんておかしいんだよ!」

と、なぜ
政府に向かって言わないの?

都道府県医師会会長たちのメッセージ集を見たら

「感染しない、感染させない」
「軽率な行動が医療を崩壊させ、大切な人の命を奪ってしまう」
「医療崩壊の足音が聞こえます」
「ステイホーム! マスク着用!」
「一人一人がコロナを怖がっていた時の行動を思い出してください」
「一人一人の責任ある行動にかかっています」

こんな言葉がずらっと並んでいてギョッとしました。

こんなこと言っていたら、
ICUが自殺をはかって瀕死になった人で埋まる日が来るのでは?

医療崩壊するぞ、我々のことを考えて自粛しろと脅迫する医者、
では、廃業、失業、一家離散、自殺に追い込まれた人の人生は
誰が考えてくれますか?

 

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ