ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.12.25 06:00皇室

大正天皇例祭

12月25日は大正天皇例祭。
大正15年の同日、大正天皇が崩御(ほうぎょ)された。
なので毎年、宮中三殿の皇霊殿にて、同祭が執り行われる。
小祭だから、普通なら天皇と皇太子(今は皇嗣)だけのご奉仕。

しかし、「例祭」の場合、他の皇族方もお加わりになる。
ご先祖への丁重な追慕のお気持ちからだろう。
東京・八王子市の武蔵陵墓地(むさしりようぼち)にある大正天皇の御陵(ごりょう)、
多摩陵(たまのみささぎ)でも祭典が行われる。

大正天皇の御製(ぎょせい)は繊細で格調の高いものが多い。
その方面の才能においては
「近代の3人の天皇の中で、随一の力を持っていられた」(岡野弘彦氏)とされる。
ここでは、これまでに知られている最後の御作、大正10年の「社頭暁」と題された
一首を、謹んで掲げさせて戴く(同年11月25日に摂政が立てられた)。

神まつる
わが白妙(しろたえ)の
袖(そで)の上(へ)に
かつうす(薄)れゆく
みあかし(御灯)のかげ(影)

皇室の恒例祭祀の中でも特に大切な、
新嘗祭(にいなめさい)でのご感慨を詠(よ)まれていた。
この御製については、歌人の水原紫苑(しおん)氏が
以下のように述べておられる。

「神をまつる天皇の白い衣の袖の上に、
暗いうちはあかあかと輝いていた灯明の光が、
暁(あかつき)になって薄れてゆくという、
痛いほど鋭利な感覚である。
実に微細なうつろいさえ、神に向かう魂に刻まないではいられない
作者なのである。
その傷つきやすい心は詩歌人にとっての恩寵(おんちょう)にちがいない。
この不幸な帝王は、あるいは神に愛された人であったかも知れないのだ」―

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ