ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2021.1.2 00:14

インフル「1週間で205万人」当たり前に報じていた

インフルエンザの感染拡大を伝える過去のニュース映像を
いろいろと探して見ていたのだけど、どれもこれも
今思えば「すごい」内容で、度肝を抜かれました。

新型コロナが日本で広まりはじめて、インフルエンザが
ウイルス干渉によって突如収束しはじめる直前の
2019年12月20日には

「今年9月から今月15日までの患者数は150万9000人、
直近の1週間で50万人以上増えました」
「去年よりも2週間早く注意報レベルを超えました」

なんて普通にニュースで流れていました。

また、新型インフルエンザの入ってきた2009年の11月28日には、

「新型インフルエンザの患者数の累計が1000万人を超えました」
「1週間で新たに173万人が感染

なんて報じていたし、2016年2月には、

「1週間で報告された全国のインフルエンザの患者数は約205万人

なんて当たり前のようにニュースで言っていました。

でも、だーれも自粛したほうがいいなんて言わなかったし、
そんなこと考えてもいなかった。
莫大な感染者の陰で1万人が死亡していても、知らんぷりだった。

2016年2月のインフルエンザ、「1週間で205万人」って、
「1日29万人の感染確認」ということですよ。


なんでコロナでこんな社会になるの?

どうぞニュース映像ご覧になってみてください。

2019年12月20日(ANNnewsCH)
インフルは“注意報レベル”1週間で50万人以上増

2014年2月7日(ANNnewsCH)
猛威!インフルエンザ流行拡大 全国患者数187万人

2016年2月19日(ANNnewsCH)
インフルエンザ 今シーズン初、1週間で200万人突破

2009年11月28日(ANNnewsCH)
新型インフルエンザの患者数が1000万人突破

 

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ