ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2021.1.19 23:50

サイゼリヤにて

サイゼリヤって、ファミレスとして使ってる人と
洋風居酒屋として使ってる人とに分かれていて、
場所によっては、昼間からあの超安いワインと
400円のエスカルゴで酔っぱらっているおじさん
なんかがいて、観察してると結構面白い。

新宿で働いてた時は、店を開ける前に、
サイゼリヤでよくミラノ風ドリアを食べていたけど
堀埜社長の「ふざけんなよ」発言で思い出したのもあって
久しぶりに食べてきた。

感染対策なのか、なんなのかわからないけど、
注文は、メニューを見ながら、自分で注文用紙に
ボールペンで書いてくださいと言われた。
それで、食べたいメニューの記号を調べて、
がんばって書いて、店員さんに渡したんだけど、
結局、その場で「確認させていただきますね」と
メニューを全部読み上げていったのだった。
え・・・私、一体なんのために手書きしたの・・・。
サイゼリヤの謎すぎるルール・・・。

心配なのは、生ビールが提供中止で、缶ビールに
置き換わっていたこと。

サイゼリヤレベルの店で、生ビールが出せないのは、
相当まずい状態だと思う。

生ビールは、ビールの生樽と、炭酸ガスのボンベを
器具でつないで、冷却サーバーの中を通して、
注ぎ出す仕組みになっているんだけど、
生樽の消費期限が、開栓後1週間~10日しかない。
原価も割と高いので、そこそこ客足が多くて、
生ビールの注文が入る店でないと
提供できないのだ。

自粛要請の影響で、すっかり客足が落ちてしまい、
今まで普通に生ビールを出していた飲み屋が、
瓶ビールのみに変えたケースも多い。
サイゼリヤは、飲むために利用する人も多い店で、
ジョッキもよく出ている印象があったのに、

生樽が開けられないのは、かなりやばい。

大手チェーン店は、関連する業種の幅も広いし、
雇用も大きいし、影響力は多大だ。

●今日のメニュー

チーズたっぷりミラノ風ドリア →400円
キャベツとアンチョビのソテー →200円
エスカルゴのオーブン焼き →400円
グラスワイン →100円
セットドリンクバーでトニックウォーターと
ジンジャーエールを
とってきて、
ワインに混ぜてカクテルにし、

食後にウーロン茶とカプチーノ1杯と
アメリカン1杯 → 200円
―――――――――――――――――――――――
■支払い合計 1300円

サイゼリヤ、すきだ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ