ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.1.21 10:22日々の出来事

時間は真理に味方する

ウイルス干渉についてはライジングで書いたが、もっと詳しく
昨日締め切りの『ゴー宣』第113章で描いている。
発売は2月2日なので、これを読めば、なぜインフルエンザの
感染者が激減したのかが分かる。
それが感染症対策のおかげではないことも明白になる。

しかし、未だに専門家はこれが分かっていないので、やはり
全然信用できない。
専門家は誰も信用できないのだ!
自分で考えるしかない。

「SPA!」では白黒なので、グラフを載せたときに、色分けが
できなくて、分かりにくいのが難だ。
今回の1ページ目のグラフは、デザイナーに頼んで、もっと
分かりやすく出来ないのかな?

ウイルス干渉が科学的・合理的に説明できれば、次は
集団免疫を説明できる。
そこまで今回、入らなかったので、次の機会で説明しよう。

まずは今からコンテを描くが、赤旗への応答だ。
発表まで日にちがかかる。
「SPA!」は時々休みの日があるので、発表がどんどん
遅れていく。
でも時間は真理に味方するので、大丈夫だろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ