ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.2.3 06:00皇統問題

皇室に縁もゆかりもない男性?

日本会議の機関誌『日本の息吹』2月号に、
奇妙な記述を見掛けた(執筆者は宮田修氏)。

「女性皇族が宮家の当主として結婚される場合、
皇室とは縁もゆかりもない男性が婿入りする可能性がある。
この男性をいきなり皇族として迎えることは国民には
強い拒否感があるだろう」と。

しかし、畏れ多いが、今の皇后陛下も、上皇后陛下も、
あるいは皇嗣妃殿下も、率直に申してご結婚迄は
「皇室とは縁もゆかりもない」女性でいらっしゃった。
それらの方々が皇族になられた事実に、「強い拒否感」を
覚えた国民が、果たしてどのくらいいたのか。
むしろ多くの国民は、心からの祝意をもって、
新たな皇族のご誕生を慶(よろこ)んだのではなかったか。

皇族が自らご結婚を決断され、皇室会議の同意を得た上で
(女性宮家創設に当たり、皇室典範を改正して当然、
同様の仕組みが導入される)、ご結婚という人生の一大事を
介して、そのお相手を皇族として皇室にお迎えする。
その“手順”において、女性宮家の当主の場合も何も違いはない
(だから勿論〔もちろん〕「いきなり」ではない!)。
にも拘(かかわ)らず、こちらのケースだけ、頭から
「強い拒否感がある」と決め付けるのは、
とても公平な感覚とは言えないだろう。

以前、憲法学者の百地章氏が以下のように
述べておられたのを思い出す。

「女性宮家の最大の問題点は、女性皇族との結婚を機に、
皇室とは無縁な民間人の青年が突然皇族になってしまう
ことです」(女性議員飛躍の会編『皇位継承 論点整理と提言』)と。

だがそれは、男性皇族とのご結婚で皇室にお入りになった
上記の方々も、同じはず。なのに同じ文章の中で、
「民間ご出身の妃殿下でも5年、10年経(た)てば
立派な皇族になられます」(=だから、何の問題も無い)と、
言い切っておられた(但し、上から目線で妃殿下方を
評価しているようで、いささか非礼な印象を与える言い方だが)。
どうして、女性宮家の場合だけ「最大の問題点」になるのか? 

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ