ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.2.6 12:42日々の出来事

コロナ禍で追い詰められた店長の話

門下生メーリスからの、
現場報告をご紹介します。

 


 

おはようございます。
関東設営隊のよっしーです。

先日、地元でお気に入りの素敵なレストラン応援のためランチへ行ってきました。

ところが…
ランチも予約しないと入れなかった地元人気レストランだったのに、店内ガラガラ。
私1人しか客がいない!

いつものリーズナブルで美味しいランチコースを食しながら、(いつも通りにオシャレで美味しかった)
このままでは潰れてしまう!と心配になりました。

会計時に店長と雑談。

このままでは経営が成り立たない。
仕方なくパートさんを切ってしまったとの事。
(店長、追い詰められたような苦しそうな表情…)

私は、この素敵なお店がコロナ禍で潰れてほしくなくて今日来たことを伝え、

・コロナは毎年のインフル以下のウイルスで、厚労省のデータでも明らか。

・つまり自粛も緊急事態宣言もコロナは必要なく、毎年のインフルエンザ対策で充分だった!

・過剰な対策したために、多くの飲食店が経営難になっている。

・今年のインフルエンザがいつもと少ないのはコロナ感染症対策のおかげと言われているが、
今年のインフルエンザはコロナ対策徹底する前に減っているので、コロナ感染症対策と今年のインフルエンザ激減は関係ない。
(今週のSPA!本当に役に立ちました(^^)時間なくてウイルス干渉までは話せず)

・発売されているコロナ論という本に書いてあるから読んでみては?

とコロナ論を勧めたところ、

コロナ論はお客さんが持っていたのを見たことがある!気になっていた。(お客さんでコロナ論を読んでる人がいると知って私も嬉しかった)と、興味を示し、
『またぜひ来てください!』と言われました。
コロナ禍経営危機で追い詰められたような苦しい顔だったのが、
少し希望が見えてきたような顔に変わったのを私は見逃しませんでした。

でも、店長にとっては『今』潰れるかどうか?の瀬戸際なはずです。
『今』何か手を打たないと愛する店が潰れてしまう。
『今』直ぐに!コロナはインフル以下だと正しい情報を国民に周知させ、過剰なコロナ対策をやめさせないと、このお店は遅かれ早かれ潰れてしまう!!!

追い詰められた店長の顔を見ていたら、何とかしなければ!という気持ちが更に強くなります。

また近いうちにこのお店に行きます。
今度はコロナ論を持って(^^)v

 


 

玉川徹なんか、最近は
「一度コロナをゼロにしてから
経済を回した方が早い」などと
繰り返していますが、
「ゼロコロナ」なんか永遠に無理なんだから、
そんなこと目指したら永遠に経済は動きません。

一億歩譲って、仮にそれができるとしても、
もう、今すぐ経済を動かさなければ
持たないというところが山ほどあるわけで、
「さあ、ゼロコロナ達成しました、
経済回していいですよ!」なんて言われたって、
その前に潰れてしまった店はもう
復活できないのです!

こんなこともわからない底抜けのバカが
この世に存在して、毎日テレビで発言
できるということが信じられません。

テレビを消して、外食に行こう!
『コロナ論』を持って!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ