ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2021.2.16 10:58

道場の感想ライジングに書きました

おはようございます。
ヘルパンギーナ回復期の者です。

日曜日のゴー宣道場は欠席失礼しました。
ネットで視聴しました。
ものすごく面白かったし、
発言したくなったところも何度もあって
もどかしさもありました。
非常に有意義な議論になったのは、
金塚綾乃弁護士の存在あってのことだと思います。
大変感謝します。

感想はてんこもりにあって、
水商売とはなにか、風俗とはなにかを含めて
ライジングにがっちり6600字も自分の考えを
書いたので読んでください。
私は水商売も風俗も体験してきました。
その上で今があるという現実を生きている人間です。
平等なんかあるわけないですし、
だから生きる意味が発生するんだという考えです。
勉強や仕事や世渡りも能力が必要だけど、
苦悩するのも能力が必要だと思います。

森発言については、敵意と憎悪がすごすぎて、
世の中の解釈がまがっていると私は思います。
「森はたしかに男尊女卑だけど」という枕詞をつけて
すごく慎重に話さないと首飛ばされそうな圧迫感が、
「マスクをつけておかないとヤバイな」という圧迫感に
似ていて、あまりにすごすぎます。

「わきまえている」の解釈も、女性蔑視ととるのは
そりゃちょっと敵意がすぎると私は思いました。
くわしい解釈はライジングのほうに書きましたので
読んでください。

日常の人間関係でも、はなから敵意を持って相手のことを
見てしまったために、解釈を間違えてしまい、
現実から乖離して浅はかだったなという自分に気づき、
ひっそりと恥ずかしい思いをすることがたまにあります。

そして、森追放が達成できたところで、
コロナ禍における女性と子供の自殺急増は解決しないです。

しかし、ヘルパンギーナのためによほど体力が落ちたのか、
ライジング1本書いただけで、ものすごく疲れて、
今日は朝からどっと疲れています。
いつもは原稿書き終わると残りのエネルギーを放出しないと
やってられないような感覚になって、無駄に近所を歩き回る
んですけど。
横になって清原和博と藤川球児のYoutubeチャンネル見ときます。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ