ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.2.22 11:03日々の出来事

ヒステリック・フェミはうんざりだ

ポリコレ棒のぶん回しが本当に酷い。
次は「鬼滅の刃」の「遊郭篇」が女性蔑視と噛みついた
と思ったら、「サンデーモーニング」で大宅映子の発言
を遮って、「男性にも発言させて」と言った関口宏にも
「森喜朗と同じだ」と非難してるし、馬鹿くさくてしょうが
ない。

献血ポスターの巨乳女子の絵も見てみたら、きっちり
服着てるからなんてことはない。

岡村隆史の風俗嬢に関する発言も、この程度の毒舌も
バッシングされるのかと思うし、どれもこれもヒステリーと
しか思えない。

わしが「よしりん少女像」の章をボツにされたように、
フェミが抗議すれば、表現の幅がどんどん狭くなる。
立川談志も志村けんも、今ならヒステリック・フェミに
追放されてただろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ