ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.2.25 06:00皇室

一つ一つの務めを大切に

天皇陛下はお誕生日に際しての記者会見で、
敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下が今年12月に成人を
迎えられることに関連して、以下のようにおっしゃった。

「今後、成年皇族として公務に当たっていくことになりますが、
感謝と思いやりの気持ちを持って、一つ一つの務めを大切に
果たしていってもらいたいと思います」と。

このおことばに接し、今から40年ほど前の、
まだ皇太子にもなっておられなかった当時のご発言を思い出した。
陛下はこのようにおっしゃっておられた。

「(大学ご卒業後)これから先はいろいろな公務が確かに
多くなると思うのですが、当面は皇族として、公務として与えられたこと
一つ一つを大切にしていきたいと思っています」
(昭和57年3月15日)と。

ご公務(お務め)の「一つ一つを大切に」されるお気持ちは、
まさに一貫して揺らぐことがない。
それに、この度は「感謝と思いやりの気持ちを持って」という言葉が
加わっている。
これは、昭和天皇と上皇陛下のなさりようから間近で学びながら、
ご自身が実際にご公務のご経験を重ねられる中で、
より深く心に刻まれたことだろう。

更に、次のようなご表現も。
「国民を思い、国民に寄り添う点で、災害で被災された方々、
障害者や高齢者、あるいは社会や人々のために尽くしてこられている
方々にも心を寄せ、ねぎらい、励ましていくことはとても大切なことです。
それは、私と雅子二人の自然な気持ちであるとともに、皇室として
大切な務めであるとも思います」と。

皇室の務め“だから”国民に心を寄せるのではなく、
何よりもそれがご自身の「自然な」お気持ちであるということ。
それを率直にお述べになっておられる。
銘記したい。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ