ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.3.10 10:19日々の出来事

表現を窒息させるポリコレ棒には負けない

今日は『ゴー宣』第122章のコンテを完成させる。
だが、仕事場に『よしりん辻説法』新刊の単行本が来たら、
サインをしにいかねばならない。
14日の「オドレら正気か?関西LIVE」で先行販売する。

先月の「ゴー宣道場」で、森喜朗の言葉を「女性蔑視」と
決めつけた集団リンチについて、わしが異を唱えたが、
その際、ポリコレ言葉狩りは、我々表現の場にも悪影響に
なると予言した。

実際、わしが『ゴー宣』で女性問題を扱うと、たちまち
何でもない部分にまで修正を要求される始末になって
しまった!
驚くのは読者の一般女性の文章まで、修正を求められる
ことだ。もちろんこれは拒否した。

もはや女性だって、男女平等のポリコレ言葉狩りからは
逃れられない時代がやって来ているのだ!

わしはヒステリック・フェミではない、庶民感覚の女性が、
サイレント・マジョリティーとして存在すると思っている。
その人たちを含めて、「女性の地位向上」を議論しなければ
ならないと、わしは考えている。
これが本物の保守思想の姿勢だ!

現在のヒステリック・フェミはポリコレ棒を振り回して、革命的に
男へのルサンチマンを晴らそうという設計主義の連中であり、
左翼である。極左と言ってもいい。

サイレント・マジョリティーの女性が沈黙を強いられるような
状況は健全とは言えない。
本来は、女性の中から、本物の「フェミニスト」が出てくる
のが望ましいが、それが無理なら、わしがやるしかない。

言っておくが、わしは男の牙を抜きとられた草食系ではない。
だが、同時に「フェミニスト」の理念も持っている。
退場すべき「老害」と言われる前に、男と女の間の深い溝を
埋める戦いをせねばならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ