ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.3.20 06:00皇統問題

有識者会議は設けたくなかった

改めて言う迄もないかも知れないが、
政府は有識者会議を設けたくなかった。

「政府はこれまで、非公式に学識経験者らに接触し、
それぞれの意見を聞き取ってきた。
これを踏まえ、女性・女系天皇を実現するための法整備は
見送ることにした。
公の場で議論を行う有識者懇談会も設けない方向だ」
(読売新聞、令和2年2月16日付)と。

「公の場で議論を行う」ことになれば、皇位の安定継承を目指す
本格的な検討は避けられず、そうすると「女性・女系」について
封印する訳にはいかなくなる。
小泉純一郎内閣の有識者会議報告書を受けた法整備が、
逆風を受けて頓挫した経験が、政府にとってはトラウマになっている。
だから、退位特例法の附帯決議があるにも拘(かかわ)らず、
先延ばしを続けて来たし、極力、真正面からの議論からも
遠ざかろうとして来た。

水面下で画策した結果、逃げ切り策として捻(ひね)り出したのが
“皇女プラン”だった。

「政府は年内(令和2年)にも皇女の創設案を大島衆院議長に
報告する方向で調整している」
「女性皇族が結婚後も皇室にとどまる『女性宮家』の創設は見送る方向だ」
(読売新聞、令和2年11月24日付)と。
そのプランが事実上、潰されたので、遂に有識者会議を
設ける以外に手は無くなった。
その経緯はきちんと見届けておく必要がある。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ