ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.4.9 16:40ゴー宣道場

コロナ禍は【無法】の中で蔓延した!5月3日ゴー宣道場・拡大版参加応募受付中!

5月3日、憲法記念日!
まん防下での開催、
ゴー宣道場・拡大版のお知らせです!!

 

 

こんにちは、公論サポーター関東支部の和ナビィと申します。
 明らかなインフォデミックによって引き起こされた日本のコロナ禍、各戸に設置されたテレビから「恐怖の新型コロナウイルス」の煽りが噴き出し「怯え(ココロ去る・・)」が蔓延しました。大衆は浮足立ち、たちまち恒常心・常識が蒸発していく中で、政府中枢はそれに煽られるようにテレビに迎合した施策を次々と講じていきました。

 昨年6月のゴー宣道場でのことです。コロナ禍の自粛圧力の中で何と「裁判所」までが自粛して?!長期閉じてしまったのを、倉持弁護士は「何やってるんだ! 日本は全く法治国家ではない、無法国家だ!」叫ぶように仰ったのが衝撃でした。「憲法を持つ」「法治」の意味を改めて突き付けられました。

 その後ついに首長はじめ多くの国民は「私たちを縛ってほしい」「要請に応じない店を罰せられるようにしてくれ」とまで要望するようになりました。その中で易々と新型インフルエンザ対策特別措置法(特措法)は国会を通過して成立し、それを実際に強制できるものなのだと都は飲食店を「見せしめ」にしました。

 コロナ禍で「法治」とは「放置」か?! 「見せしめ」とは「店閉め」か?!。

 正にコロナ禍は【無法】の中で蔓延しました。
 いや、憲法など意識しないままに国民は何と【無法】を望みました。このためにどんなに苦しんでいる人や追い詰められ死に至った人・消えてしまったもの・崩されたもの・・・人・文化・伝統・物事、があることでしょう。それらは空恐ろしいほどです。

【憲法】は機能しているのか、【憲法】に照らしてその施策はありなのか、無法国家は私達の生命に襲い掛かるというのに。「法治」は、国民の不断の努力無き時は潰えます。
 時は5月3日憲法記念日、「関東ゴー宣道場・拡大版」に参加しテーマの如く【憲法は今、生きているか】を問うことは、私たちの具体的な「不断の努力」です。
 全ては憲法に繋がっている!憲法を今こそ生かすため、「関東ゴー宣道場・拡大版」の議論に参加しましょう!
 道場でお待ちしております。

 

【第97回 ゴー宣道場】
■テーマ:『憲法は今、生きているか――コロナ禍、自衛権、天皇』
■日時:令和3年5⽉3⽇(月・祝)13:00〜16:00
※開始がいつもより早くなっていますので、お間違いなく!
■場所:東京都内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1,500円(小学生以下は無料)
■応募〆切:4月21日(水)
お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

 

ここからはグッズの紹介です。地味だけど、意外に人気あるのが栞ちゃんです。5枚セットで500円は安いよねって言ってくれるお客さんも多いんですよ。
しかも、コアラ企画の内部情報によると、現在の在庫分で販売終了になるとか、ならないとか。
売り切れたら、買いたいと思っても買えなくなるかも知れませんよー。
欲しいと思ったその時が買い時です!

さらに、公論サポーター関東支部からのお知らせです。
憲法記念日のゴー宣道場終了後、道場の感想を参加者同士で語り合う「放課後懇親会」をゴー宣道場と同じ会場にて開催します!
道場終了後に参加を呼びかけますので、こちらも是非ご参加ください。
今回のテーマである、憲法、コロナ禍、自衛権、天皇について語りたいことがある方、お待ちしております!
※1:公論サポーター関東支部主催の独自イベントです。師範・ゲストの参加はありません。
※2:17時過ぎの終了を予定しています。

 


 

まん防発令の最中の5月3日、
各地で開催されるであろう憲法集会で、
きちんとまん防やら緊急事態宣言やらは、
憲法違反じゃないかと指摘するものは、
果たしてどれだけ行われるでしょうか?
例年通り左は「憲法護れー!」
右は「憲法変えろー!」と叫ぶだけ
じゃないでしょうか?

だって、右も左もコロナを怖くて、
まん延防止のためなら
自由が制限されても気にしない
人たちですからね。

もしかしたら、コロナが怖くて
集会は「リモート」で、なんて
ことになるかもしれませんね。

そんなお遊びみたいな集会ではなく、
真剣な議論が聞きたい人は、
ぜひご応募ください!!

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ