ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.4.11 06:00皇室

「全ては幻想」論者、岸田秀氏の最も“冷淡な”皇室「必要」論

心理学者でフロイディアンの岸田秀氏。

「人間は本能が壊れた動物である」
「壊れた本能を補う為には幻想が不可欠」
「自我も世界も全て幻想である」という“唯幻論”を唱えて、
大きなインパクトを与えた。
代表作は、ベストセラーになった『ものぐさ精神分析』シリーズ。
その岸田氏が、天皇・皇室について以下のように語っている。

「平和な時代には、国民は皇室に無関心になる。
さほど必要のない、目立たない存在になる。
しかし、いったん日本に危機が訪れるとふたたび浮かび上がってくる。
天皇制をなくしてしまえば、いざ危機というときに困ることになる。
日本という国をまとめるのに非常に都合のいい制度であり、
天皇制が続いていくことには大きなメリットがあると思う」

「また、われわれ日本人は何の疑問もなく、われわれのことを、
日本という国家に属している日本人であるという意識を
もっているが、その国家意識を成り立たせているのは、
日本列島と呼ばれる島々に大勢の人間が住んでいるという
客観的事実ではなく、この国がはるか昔から日本として存在し、
はるか未来まで続くという主観的共同幻想である。
その幻想の象徴として日本には天皇制がある。
日本という国には万世一系の天皇が存在するという幻想が、
日本人のアイデンティティに安定感をもたらしているのである。
これを馬鹿げた幻想だというのであれば、イエス・キリストも
アラーも馬鹿げた幻想であり、そもそも宗教とか民族とか国家とかは
いずれも馬鹿げた幻想にもとづいているのである」

「したがって、今後も日本にとって皇室は必要不可欠な
存在だと思うけれども、わたしは天皇制絶対論者ではないので、
天皇制を廃止するのなら廃止してもいいと思うが、
そのときには、日本人のアイデンティティを支える
別の幻想が必要であり、今のところ、天皇制に代わる
別の適当な幻想は見当たらない。
別の幻想を見つけないで、天皇制廃止を唱えるのは無責任である。
国家は幻想に支えられているのだから、国家を支えている
幻想を軽く見てはならない。
日本が消滅してもいいというのなら、話は別であるが」
(『絞り出し ものぐさ精神分析』)

岸田氏らしい議論だろう。
「国家は幻想に支えられているのだから、
国家を支えている幻想を軽く見てはならない」
という指摘は重要だ。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ