ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.4.17 09:41日々の出来事

第96回「新潟圏ゴー宣道場」アンケート回答1

第96回「ゴー宣道場」は初の新潟での開催。
地元新潟からの参加者が半数だったことが驚いた。
参加者のアンケートにひとこと回答する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆皇室スキャンダルについて自分が生まれる前の
記事もあり、知らなかったことがわかった。
記事がどれだけ事実と異なっているか驚いた。
(新潟県・18歳女性・ニート)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皇室の方々は反論をされません。
皇室を褒めたたえる記事は人気がとれない。
尊い方々をこき下ろす記事なら大評判で雑誌が
売れるのです。
だから妄想だけでデタラメを書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆次々と、皇室に対するこれまでの根も葉もない
バッシング記事を聞くにつれ、気が滅入りました。
マスコミは、何て卑怯なんだ、所謂保守系知識人
は、何て無知なんだ、そして彼らに煽られ同調する
ノイジーマジョリティーの国民は、何て馬鹿なんだ
と思いながら……。
(愛知県・48歳男性・司法書士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
敬意のひとかけらもないんですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森先生の仰るように、俗世間の下世話な
バッシングに晒される立場に進んでなろうとする
人(独身の皇族方のお相手として)が将来現れない
事を非常に危惧します。
男系、女系の問題が取りざたされてますが、
いずれにしても(仮に双系への道が開かれたと
しても)それが違った意味での皇統の危機では
ないかと考えます。
(石川県・47歳男性・歯科医師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全くその通りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小室氏の「気持ちに変わりはない」の文章で
充分です。
あとは若い2人で決めること、外野がとやかく
言うものではない、という庶民感覚です。
(北海道・58歳男性・国家公務員/NPO団体役員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひたすらマスコミが庶民を下衆な大衆に変えて
しまった結果ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小室さんの文章は読んできましたが、経緯が
わかりやすく書いてあり、今まであまり関心無か
ったのですが、元婚約者や代理人やマスコミに
怒りがわいた。
よしりん先生が二点指摘していたが、そういう所
に気がつける様になりたいと思った。
(滋賀県・45歳男性・製造業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当は読まなくてもいいんです。ただ二人の幸せを
願ってさえいれば。
マスコミが問題に仕立てて、嘘ばっかり言うから、
集団バッシングから守るために読まなきゃならなく
なる。
読みもしないでボロクソに言ってる奴らの卑しさに
騙されないように読んだだけですけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆聞いてて涙が出そうになりました。
これをよく調べてくれたと思います。
バッシングの記事を買うのはいやだが、声を上げ
ていかなければいけないと思いました。
香山リカより笹さんのほうが心理分析ができてます
ねー
(千葉県・46歳男性・施設職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
香山リカはやぶ医者ですから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆もう皇室バッシングのあまりの酷さに、腹が立っ
て仕方ありませんでした。
バッシングをあびせられてきた女性皇族の方々の
つらさを思うと、涙がこぼれそうになりました。
大衆の愚かさは仕方ないとしても、少なくとも、
皇族方(特に女性皇族方)を傷つけるような
バッシングは何とかならないでしょうか。
個人的には法的に罰する様に法整備をした方が
良いと思います。
(広島県・50歳男性・技術士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内閣総理大臣が告訴することはできるけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆飲食店などで「お客様は神様なんだろう?」と
言わんばかりの態度の下品な客がいますが、
皇室バッシングに関しても「税金払ってるんだから」
と、どんどん大衆は上から目線になっていっている
のですね。
週刊誌はバッシングが売れるからやめられない、
バッシングの誤情報により大衆はより過激になる。
止めようと意見を送っても何にもならない。
この状況に頭が痛くなります。
(神奈川県・39歳女性・会社経営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民が守るしかないよ。
「ゴー宣道場」には皇室を守る庶民がいると、
知らしめていかねば。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女系天皇を認めるのが衝撃的でした。
(新潟県・36歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
君は「シナ男系主義者」に影響を受けているね。
我々は「女系」なんて認めてないよ。
日本の古代は「双系」社会であり、天皇の継承も
「双系」でなされてきたというのは、もはや正統
な歴史学の世界では常識になっている。
「男系」はシナの儒教思想であり、律令とともに
日本に入ってきたものなんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆皇室バッシングは目を疑うようなデタラメな
記事も多く、許されるべきでないものも多いが
小室氏は、自身の留学の際、「皇族の婚約者」である
ことを自らアピールして奨学金を得ており、私的に
皇族の名の下に便益を受けてしまっている。
この一点で自分は小室氏が皇族利用をする可能性を
持つ人物だと判断し、不信感を持っている。
先生方はこの点をどう考えているか、見解を知りたい。
(新潟県・25歳・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マスコミかエセ保守言論人に影響を受けたのかな?
小室氏を受け入れるアメリカの大学側が、プリンセス
の婚約者だということをアピールしたがるんだよ。
王室のない国では、王室(皇室)に対する憧れがある
から、大学の宣伝に使いたいと思うものなんだよ。
小室氏に不信感を持つから、眞子さまの恋愛を認め
ないと考えることは、眞子さまが不幸になっていい
と考えていることであり、結局、マスコミの不敬な
態度と同じ皇室バッシングの側に立つということだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「新・堕落論」にあるように、日本人はどこまで
落ちれば気が済むのでしょう。絶望的です。
ゴー宣道場が数少ない皇室を守る場であると思います。
(埼玉県・47歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここに多数の尊皇派がいると天下に轟くくらいデカく
ならねばな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆皇統の問題をここまでこじらせてしまった原因は、
全て国民にあり「国民が懺悔をしないとダメ」と
いう高森先生のお話はその通りだと思いました。
皇室への国民的集団リンチが繰り返されることの
無いような制度にするためには、どのような改革が
必要なのかを考えていきたい。
(神奈川県・51歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民が懺悔するときは皇室が終わった時です。
理で分からぬなら空気を変えるしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆国民が大衆化し、メディアと結託した時、
皇室は終ると思いました。
まさに日本国民が総姑(しゅうとめ)、総小姑化
していると感じました。
フランスもロシアも大衆が王室を潰した歴史
(背景は色々あるが)がありますが、日本もそう
なるのでしょうか。
子供達のイジメ問題がありますが、大人がこれ
では、子供もそうなるのは、当然かもしれません。
(東京都・56歳・無職)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皇室を潰すのは左翼じゃなかった。
なんとエセ保守だった。これは盲点でしたね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「マスゴミ」…ネットではマスコミを非難する
際にこの言葉が使われることがあるが、今回の
スキャンダル振り返りを見ると同意せざるを得ない。
真実よりも商売、言ったことの責任はとる気なし、
ジャーナリズムとは何ぞや?(コロナの報道然り)
平成の時代は皇室バッシングと共に過ぎ去って
しまった、「暗い井戸の中にいるような」時代で
あったかもしれないが、令和の時代の愛子さま、
悠仁さまをはじめとする若い皇族の方々には
バッシングなき未来を歩んでほしいと思う。
(岩手県・24歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
常識ある人間がどうやって逆襲するかかが大きな
課題なんです。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ