ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.5.7 06:00皇統問題

皇位の安定継承、政府は「正解」と政治的配慮の狭間で葛藤か?

現在のわが国の最大の政治課題は、皇位の安定継承を目指す
皇室典範の改正だろう。
 
しかも、既に具体的な取り組みが動き始めている。
「先延ばし」を続けて来た政府を追い詰めて、
やっとこの局面にまで持ち込めた。
まさに千載一遇の好機だ。
しかし、もしこれが挫折すれば、現在の皇室の方々の年齢構成から考えて、
取り返しのつかない事態に陥りかねない。
 
問題の所在、その解決方法、政府はとっくに、
全て正しく理解しているはずだ。
 
小泉純一郎内閣の時の「皇室典範に関する有識者会議」の報告書は、
骨格において私の提言を採用してくれたと考えている
(又は、それ以前から政府は独自に「正解」に辿り着いていた)。
あの報告書を越えるロジックは、今も政府として持ち合わせていないはずだ。
今回の有識者会議で、それを上回るロジックを提出できるか、どうか。
 
恐らく、(両論併記に逃げ込むことはあっても)
先の報告書を根本的に書き換える結果にはならないだろう。
これまでの各種世論調査の結果では、同報告書の方向性を支持する
国民が圧倒的に多い。
 
政府は既に「正解」を掴んでいて、多くの国民もそれを支持している。
だから普通に考えると、「正解」に基づく制度改正に二の足を踏む必要など、
どこにも無いはずだ。
 
にも拘らず、政府はこれまで「先延ばし」を続けて来た。
それは何故か。
明らかに、一部の頑強な抵抗への政治的配慮によるものだ。
よって残る懸念は、政治家が得意な「足して二で割る」やり方を、
皇位継承という尊厳かつ重大無比なテーマにも、平気で持ち込んでしまう
危険性があることだ。
それを許さない為には、世論調査の結果だけでなく、
皇室を敬愛するサイレント・マジョリティーが、はっきりと
“声”を挙げる必要がある。
 
まさにサイレント・マジョリティーから
ボーカル・マジョリティーへ。
それが求められている。
 
【高森明勅公式サイト】
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ