ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.5.6 13:46お知らせ

コロナ脳に占拠された世の中を正すために!よしりん十番勝負「コロナ論、緊急鼎談!」参加者募集中!

「よしりん十番勝負」第一番
「コロナ論、緊急鼎談!」
参加者募集中です!!

 

 

ゴー宣ネット道場をご覧のみなさま、こんにちは。
公論サポーター関東支部の どろよい です。

6月13日の関東ゴー宣道場に続いて、7月3日に『コロナ論3』発売記念の特別イベントとして「よしりん十番勝負」の第一番勝負「コロナ論、緊急鼎談!」がいよいよ開催されます!

出演は小林よしのり先生、三浦瑠麗氏、東浩紀氏
この顔ぶれでコロナをテーマにしたトークが盛り上がらないわけがありません。
個人的には、「禁酒法に対抗」と称して昼間っからブラディメアリーの写真をツイートしてる三浦さんのお話が楽しみでなりません。

私は3月に緊急事態宣言が解除になってから駅まで歩いて通勤しているのですが、その途中で小学校のグラウンドの横を通ります。
ジャングルジム、のぼり棒には使用禁止の張り紙、砂場にはブルーシートが掛けられています。
さらに用務員さんが使用禁止になっていない鉄棒や、ブランコを毎朝消毒して回っています。

感染防止が目的なのでしょうが、鉄棒が良くてジャングルジムがダメな理由も謎ですし、発売後即増刷の『コロナ脳 日本人はデマに殺される』での宮沢孝幸氏の言葉を借りれば、「鉄棒についたウイルスでどうやって感染するんですか。鉄棒を舐めるんですか。」です。

昔から小学生は好きな子のリコーダーは舐めても鉄棒なんか舐めませんから。

一刻も早くこの狂った状況を終わらせて、遊具の2大スターであるジャングルジムとのぼり棒を児童に開放し、通学時のマスクを外してあげることが真っ当な大人の責任です。

4月25日に3回目の緊急事態宣言が発出され、都知事は酒の提供禁止、街の照明自粛、イベントは無観客と、思いつきで都民の自由を奪うことに躍起になっています。

「まあ大丈夫だと思うけど、一応お薬出しときますね。」のノリで緊急事態宣言を出す都知事に腹わたが煮えくり返っている皆さま、コロナ脳に占拠された世の中を正すためにも集結して声を上げましょう!

あっという間に定員に達してしまい、応募が閉め切られてしまった6月の関東ゴー宣道場に間に合わなかった方はぜひ、7月の「コロナ論、緊急鼎談!」ご応募ください!
皆さまのご応募お待ちしております!

 

7月3日ももちろんグッズ販売はあります。
「コロナくんアクリルキーホルダー」は参加者全員が当然買われると思いますので、私は「ゴー宣道場10周年記念Tシャツ」をおすすめします。

色は4色どれでもお好きなものでOKです。
そしてここからが重要。思い切ってビニールを開けてその場で着てしまってください。
会場との一体感が一気に上ること間違いなし!ぜひお買い求めください!

 

【特別回 よしりん十番勝負・第一番】
■テーマ:『コロナ論、緊急鼎談』
■日時:令和3年7月3日(土)13:00~17:00
■場所:東京都内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

ご注意下さい!
今回は東京開催ですが、特別回となるため、門下生証でのご参加は出来ません。
必ずフォームからお申し込み下さい。

 


 

科学的根拠皆無、まさに「思いつき」
でしかない制約に振り回されるのは
もうまっぴら!
ウイルス感染を人間の行動で
コントロールできるなんて発想が
根本から間違っているのに、
感染が減れば「制約したおかげだ」と誇るし、
減らなければ「もっと制約を強化せねば!」と叫ぶ。
こんな茶番が一年以上。
もうたくさんだ――!
と思う人は、みんなご参加ください!!

 

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ