ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.5.9 20:34日々の出来事

変異株を怖れるな!

インドではワクチン接種が原因で変異したウイルスが
流行っているから、ワクチン接種と感染増グラフが
比例しているという説がある。

ミシガン州でもチリでも、ワクチン接種増と新規感染者
の急増が比例しているから、そのようなことはあり得る
と思うが、日本ではまだワクチン接種が増えてないから
分からない。

それが本当ならワクチンの入手が遅れているのは
朗報だということになる。

インド株が日本人のファクターXを無効化するなら、
北村とかいう医者が踊り狂うだろう。
だが、英国株という変異株脅しも、そろそろ終わりが
見えてきた。
大阪で感染者が指数関数的に上らなかったことで、
やっぱり日本人のファクターX(免疫力)で対処できた
ということになる。

英国株がダメなら、インド株があるさと言われても、
インド人と日本人の免疫機能は違う。
あくまでも「死亡者の指数関数的な急増」をデータが
示さなければ、わしは欠伸をしているしかない。

ワクチン接種が日本で増えてきた時に、インド株の
感染者が増えることよりも、わしはワクチンの被害が
増えることのほうを危惧する。
それは日本の厚労省の資料にすでに現れているが、
イギリスの資料にはもっと凄い被害が記載されている。
それは泉美木蘭さんに調査してもらって、土曜の
生放送で語ろう。

しかしもはやスペイン風邪のような40万人以上の
死者が出る被害は、コロナでは出ない。
それだけは決定だと言わねばならないのだ!

全国に軽い感染者が増えていって、全国に集団免疫
が出来ていくのを待つしかない。
コロナより怖いのはマスコミだ。
マスコミがとにかく悪質極まりない!
マスコミを徹底的に糾弾していかねば、コロナ禍は
終わりはしない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ