ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.5.22 11:02日々の出来事

医者の前の患者のように写真撮影

今日から『よしりん辻説法』のシナリオに着手しなければ
ならない。
新コロが終わらないので再び新コロの勉強を始めたら、
これはこれで嵌ってしまうので、本ばっかり読んでしまう。
でももう『よしりん辻説法』を始めなければ間に合わなくなる。
・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は16時くらいから写真撮影するらしいが、自分の
写真を撮って満足する奴なんているのだろうか?
超二枚目俳優なら自分の写真にニヤつく馬鹿もいるの
だろうが、自分の姿なんて見たくもない。

超二枚目俳優だって、老けてくればあちこちにシミやら
細かいしわやら肉のたるみも出てくるはずで、雑誌に
載せるときは、何百枚もの写真の中から、必死にチョイス
して、雑誌に載せるときは修正してマネキンみたいな顔に
しているのだ。

どうやったって老化は隠せないし、そういう意味では
沢田研二の居直りは凄いと思わざるを得ない。
アンチエイジングはしたくないし、老いてもさまになる
姿というのが自分の場合、どういうものなのかまだ分から
ないでいる。

とりあえずコロナ禍が終わるまでだ。
ネットでの主張が本当に社会を動かすのかどうか分か
らんが、コロナ禍が終われば、また執筆活動のみに
邁進できる。
今は辛抱してネット主張もやり続けるしかない。
ボランティアで手伝ってくれる人はありがたいのだから、
医者の前の患者のように従っておこう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ