ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.5.26 09:25日々の出来事

インフルエンザ以下のウイルスには、インフルエンザと同様の対策でいい!

モーニングショーの左翼コロナ脳の連中はまったく純朴な
奴らなんだな。
欧米で「陽性者数」が減ってるのは、ワクチンのおかげと
心底信じている。バモイドワクチン教だな。
秋になって「新規陽性者数」がまた伸びてきたら、何と言う
のだろう?

朝日新聞ら左翼コロナ脳は、東京オリンピックを中止しろ
と吠えている。
笑えるのだが、今までコロナ脳を批判して来た反自粛の
者たちまで、東京オリンピックに反対している。
東京オリンピックがあるから緊急事態宣言の延長になる
んだ、だから東京オリンピックを止めろという幼児並みの
責任転嫁を言いだす者がいる。

権力の設定したルール(憲法違反)を受容して、その
枠内でしかモノを考えられない畜群根性だ。

東京オリンピック反対は招致決定前に主張すべきであり、
子供を2年も牢獄に閉じ込めて虐待している最中に、
大人が主張するのは見苦しい。

1998年2月の長野オリンピックのときはインフルエンザが猛威を
ふるって、開会式が開かれた2月7日を含む第5週は、全国で

1週間で13万超の「患者」(陽性者でも感染者でもない)

が出ていたのだ。
この患者数はそれまでの10年間で最多である。

1997/1998シーズンの「子供の患者」も全国で127万人となり、

インフルエンザ脳症による死者は推計100人に上った。
コロナ禍よりはるかに犠牲者が多いインフルエンザ禍で、
誰もオリンピック反対を言わず、平然と楽しんでいたのだ!

インフルエンザ以下のウイルスには、
インフルエンザと同様の対処をしておけばいい!
これがわしが一貫して唱えてきた感染症に対する原則だ!

新コロは子供には感染しても、重症化しないし、死者は
0人だ!
子供はAce2受容体が少ないし、年6回風邪ひいてるから、
自然免疫が年中発動されているので、新コロの犠牲者
にはならない。
子供は大人の狂気の対策の犠牲になっているのだ!

一億総コロナ脳の全体主義に対して、我々覚醒者は、
原理原則を貫け!
インフルエンザ以下のウイルスには、インフルエンザと
同様の対策をすること!

ただし、インフルエンザは呼吸器系で「肺炎」になるが、
新コロはAce2の密集した「腸」から血栓が上っていく
「肺血栓」が主流だから、対策は便所だけでいい。
大便のあとで、手を洗う、ドアノブを消毒する、これで
OKということだ。
空気感染が主流じゃないから、マスクは個人の自由で
いい。
ワクチンも同様、個人の自由でいい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ