ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.5.26 11:32メディア

国民がもたらす「皇室の消滅」を皇室に責任転嫁する「女性自身」の卑劣記事!!

今日発売の「女性自身」6月8日号に、
『上皇陛下ご学友[明石元紹さん(87)]が
「覚悟の直言!」
「小室圭さん問題で
国民敬愛の皇室は終焉した」
というタイトルの、タイトル読むだけで
ヘドが出そうな記事が載っています。

前々回のゴー宣道場をご覧になった方は、
「またこのパターンか!」とお怒りになる
と思います。

「国民のために働いていただくからこそ、
皇室は特別な存在になり、国民の
尊敬や支持が得られるのではないでしょうか」
って、この明石とかいう奴、何様!?

どこまで上から目線!?
こいつ、皇室よりもえらいのか!?

国民の支持を得るために、
眞子さまは、純愛を貫いてきた
小室さんと別れろと言うのか!?

この記事、眞子さまが小室さんと結婚する
ということは「公」よりも「私」を
優先することで、皇室の終わりを意味する
というようなことを示唆した上で、

「私たちも、無私の精神で敬愛を集めてきた
皇室の”終焉”をいずれは
受け入れるしかないのだろうか」
と締めくくっています。

何処の極左記事だ!?

皇室が終わるとしたら、
それは人の不幸を楽しむゲスな感覚で
一般人の小室さんに大バッシングを起こし、
今後の皇族方のご結婚を限りなく
困難にしてしまった大衆国民の責任でしょう。

それを、「皇室が『公』を捨てたから」
ということに責任転嫁しようというのだから、
卑怯卑劣もここまできたかとしか
言いようがありません!

トッキー

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ