ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.5 09:48日々の出来事

菅首相、尾身茂をクビにするべきです。

『ゴー宣』第130章のシナリオが出来たので、今日から
コンテに入る。
『ゴー宣』第129章の画稿締め切りは来週火曜(6月
8日)だが、大丈夫だろうか?

最近は東京オリパラを潰して、政権に打撃を与えて
やろうという「政治運動」に左翼コロナ脳が血まなこに
なっている。
朝日新聞、立憲民主党、共産党ら左翼どもの象徴が
尾身茂になっている。

尾身茂を権威化したのは政府だが、全くの失敗だった。
尾身茂を菅首相が横に置いて記者会見をしたのが、
大失敗だった!
尾身茂は完全に思い上がってしまった。
菅首相より自分の方が上と思っているのだ!

「専門家」というもの自体が極めて曖昧で、政府に権威化
されていない本物の「専門家」は他にいる。
そろそろ政府周辺の「専門家」を見直した方がいいの
ではないか?
菅首相に提言するが、「分科会」を解散してもいいし、
少なくとも尾身茂はクビにしなければダメだ!

尾身茂は「専門バカ」であり、「総合知」がゼロである!
「総合知」がないから、「人流を止める」という対策が、
「移動の自由」や「営業の自由」を補償した日本国憲法
に違反していることに、全く頓着していない。

日本国憲法の「公共の福祉」という概念が、国連からも
危険だと指摘されていることを、政治家までが知らない
から、こんな「基本的人権」無視の社会になってしまう
のだが、そもそも現在のコロナ対策こそが「公共の福祉」
を著しく破壊している!

感染症のプロを自認するのなら、スウェーデンのテグネル
博士を見習え!
憲法上、出来ないことをコロナ対策とはしなかった。
その結果がマスクもしないで、自由な社会を持続させ
ながら、コロナ禍を乗り切ってしまう快挙に繋がった。
世界で成功したのはスウェーデンしかない。
尾身茂はプロ失格である!クビにするべきだ!

『コロナ論3』がベストセラーになっているが、これが
もっと売れれば、本物のプロたちが声を挙げやすく
なるだろう。
ガラスの天井は間もなく破れる!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ