ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.6.9 11:29日々の出来事

尻が固い!

いや~な記憶がよみがえる。
最近、夕飯の買い出しに出かけると、
必ずと言っていいほど腰のあたりに
重い痛みがのしかかってくるようになった。
最初は「おや?」と思う程度だったけど
だんだんとひどくなり、つらくて歩幅も小さくなっていく。
いかん。これは坐骨神経痛からの椎間板ヘルニア
コースだ。
あのピキッとなって、ぐあぁぁぁとなって、
あまりの痛みに意識が朦朧として、
以後は不眠と匍匐前進の日々が続く・・・ことを
考えると、絶対にこれ以上の進行は避けなければ
ならない。

通い始めた整骨院でも、そして友人からも
ヨガを勧められた。
いわく呼吸が浅い、尻まわりが固い。
よがぁぁぁ?
私は呼吸がどうのこうのより、
どうせならたっぷり汗をかく激しいスポーツのほうが
好きだ。
ヨガなんて役に立つんかいな・・・と半信半疑。
しかも、からだ柔らかいですから。
かつて新体操を部活動でやって以来、
ストレッチは続けている(ヘルニア期を除く)。
昔(30年も前)取った杵柄で、いまだに前屈は手がつくし、
開脚も人よりはできていたつもり。

が、だまされたつもりで、YouTubeの動画を
見ながらヨガをやってみた。
あれ、あれれ・・・。
インストラクターのようなポーズがとれない!
からだが伸びない!
尻が固い!!! いてて・・・。

なめくさっていた。
私は、できるストレッチを
自分ができるようにやっていただけだった。
仕事で座りっぱなし。
気が付けば椅子に座ったまま
あぐらをかいて前かがみ。
わかっちゃいるけど、やめられない。
それなら、せめてこれからヨガやって
やわ尻を目指そう。
ヘルニアの再発だけは避けたい!!!
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ