ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.6.12 19:01日々の出来事

明日はたっぷり学ぼう♪

ワクチン接種、親に聞いたらすでに予約を
しているとのことだった。
そこで、ワクチンのリスク、コロナの実態、
ついでにマスクの同調圧力、
「免疫力」と「常識力」の重要性を説き、
「その上でワクチン接種について
よくよく検討すること」と、
朝っぱらからLINEでダーッと送ったら、
父母ともにあっさり「なるほど、了解!」と
返信があった。
うちの親はコロナ脳ではなかったようだ。


とはいえ、昼間、ランチに出かけたら、
陽射しが照り付ける中で皆がマスクをしている!
ほんと熱中症になるよ!?
私はガダルカナルのジャングルで野営中に
熱中症にかかり、夜遅くにホテルまで車で
後送されたことがある。
頭が割れんばかりに痛くなり、身体も重く、
意識が朦朧としてくるのだ。
ほとんど自分で立ち上がれない状態だった。
コロナより熱中症のほうがはるかに怖いよ!?

さて、明日は「関東ゴー宣道場」です!
「科学的コロナの正体」というテーマで、
井上正康先生からお話を伺います。
まだまだコロナについてもワクチンについても
理解が浅いので、明日はたっぷり勉強だ!
きちんと理論武装をして、
また親にも話してあげようと思っています。
参加者の皆様、体調を万全に整えて、
明日お目にかかりましょう♪


《業務連絡》
まーさんへ
HGD作戦についての打合せにつき、
BATA師団長に到着時刻をお伝えしましたが、
もう少し早く行くようにしますね。
受付開始が思ったより早かったので、決心変更。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ