ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.18 14:23日々の出来事

第98回「ゴー宣道場」アンケート回答1

第98回「ゴー宣道場」は井上正康氏をゲストに迎え、
「科学的コロナの真実」を解明した。
今回は、井上氏もアンケート回答を書きたいという
申し出があったので、アンケート回答2で、井上氏
自身による専門的な回答をしてもらう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆まず井上先生のいでたちがダンディで格好いいな
と思いましたが、地道な研究と大局観に裏打ちされた
お話は、まるで物語の終盤に謎解きをする
シャーロック・ホームズのようでした。
大いに刺激され、時に爆笑し、勉強させていただき
ました。
(東京都・41歳男性・占星術師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
強迫神経症に凝り固まった尾身茂とは、余裕も風格
も違いますよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生はこのコロナ禍において、常に真っ先に
子供たちのことを心配しておられるなと思っており
ます。
マスクや自粛が不要という人はユーチューブや
アメブロでコロナについて語る人にも多くいます。
しかし、そういう人たちは目先の自分の楽しみを
我慢するか否かというレベルの論点にとどまって
おり、子供や若者、女性を犠牲にしつづけてはなら
ないと第一に怒りをもって反対されている人は
小林先生以外に見かけません。
(東京都・41歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供はコロナで重症化しないし、死なない。
けれど大人の恐怖心でねつ造された自粛世間の
せいで、精神的にとてつもない圧迫と心的外傷
を負うことになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆やっぱり今日は来てよかった。
じつは職域のワクチン接種をことわりました。
かかりつけの医師が、ただでさえ血栓ができる
リスクのある薬をのんでいるのにワクチンなんか
打って死にたいのかとおこられました。
まあ打つ気もなかったので、いい口実ができました。
でもよい先生にみてもらっていると心から思え
ました。
(神奈川県・60歳・鉄道員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな良心的な医者もいるんだね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆結局、インフォデミックの原因は人間の特性の
「恐怖」と「不安」ですよね。
コロナうんぬんというよりは、その「恐怖」と
「不安」をどう崩していくかですが、動物的な
習性なので難しいのかもしれません。
ただ、テレビで今回の井上先生の講義を流せば、
ひっくり返るのは確実な気がします。
(神奈川県・51歳男性・ケアマネージャー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そりゃそうだよ。
テレビが現在の政権にオーソライズされた専門家
の意見しか流さないからこんな騒動になっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生が「感情は理論では成仏しない、感情
は感情でしか上書きできない」とおっしゃった事
が心に残りました。
マスクやワクチンで議論をするとき、やはり
データを見せるだけではこちらの言い分を理解
してもらうのは難しいのですね。
小林先生が「ワクチンに関しては様子見をすすめ
るにとどめる」とおっしゃった意味と合わせて
考えさせられました。
(東京都・41歳男性・自営業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感情に支配されない知識人がどのくらいいるか
が重要なのだが、知識人も権威主義で大衆化
しているから難しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆日本人それぞれが本来であれば抱える必要の
なかった人間関係のあつれきと闘っていると
感じます。
後悔しないように粘り強く、この人災と向かい
合って行こうと思います。
いつも勇気を頂きありがとうございます。
また明日からも頑張って参ります。
「収束」のさせ方が未来につながると思いました。
(東京都・44歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「収束のさせ方」は本当に重要です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆大学でもワクチンを打つ打たないで非常に悩ま
しい。
親が打つから、自分もという同級生も多く中々
周りに理解されない状況ですが、あきらめず
伝えていくことが大切だと感じました。
無知で無関心であることは、自分も大切な人も
守れない事だとあらためて思いました。
(千葉県・30歳女性・学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛する人を守るためには知識がいる。
権力にオーソライズされた専門家が守ってくれる
なんて思ってる奴は度外れた馬鹿です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆人出も多く、感覚的には、本日の話にあったよう
なコロナウイルスの本質を皆感じていると思い
ます。
周りの目が気になりとりあえず、マスクをし、
消毒するなどしたがっているのだと。
一人が異議を唱えても同調圧力には勝てない
ので、井上先生がおっしゃっていたように、
一斉に皆で発信していくしかないと感じ、
取り組んでいこうと思いました。
(埼玉県・43歳男性・団体職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それが出来たらとても嬉しいんだが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ワクチン接種に関しても実家の両親、伯父母、
皆打たないと(毒は入れん!と)始めから言って
いたのですがさらに事実を伝えて、これから
出産を控える従妹たちにもエビデンスと歴史で
話をすることが確信をもってできます。
有意義な時間をありがとうございました。
(東京都・58歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カルトから解き放つのは愛情しかないのだが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆自分の親族が、もう余命長くない状況で
ワクチンを打ち、2週間強で亡くなった。
「ワクチンの要因は極めて薄い」で片づけられた。
自分のごく近い所で、一生拭えないことが
起こった。
コロナ禍は、終わってほしい。本当に。
(東京都・男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワクチンという人工物で殺されるのと、自然の
摂理の犠牲になるのとは違うと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆友人にコロナ論3をプレゼントしたところ、
やはりコロナ君に飛びついておりました。
今日もお土産にコロナ君グッズを買いました。
コロナ君で簡単な本にする必要は無いと思いますが、
入り口としてもっとキャラを活用できるのかな?
と思いました。
(埼玉県・49歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうだな。コロナ君のキャラ活用はあるな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆先週「感染症について」の授業でコロナについて
も話しました。
「未成年者は日本で何人亡くなっているか?」
と質問したら、“0人”で挙手したのはゼロ人
でした。
中には1000人以上と答えた生徒もいました。
100人いて1人も未成年者の死者数を知らなか
ったのは大きな驚きでした。
知っているのが当たり前と思っていましたが、
同僚も保護者も知らない人がいると、それから
考えるようになりました。
大人の『コロナ脳』を解除するのは難しいこと
ですが、子ども達はデータで話すと大人よりも
理解が早いです。
(東京都・43歳男性・公立中学校教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供が0人という事実はマスコミでは絶対に
隠蔽するからな。
マスコミの悪質さが集約されている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ