ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.6.19 16:50日々の出来事

台湾ワクチン事情

台湾に住む友人から
現地のワクチン事情が届きました。

高齢者からワクチン接種が始まったものの、
どんどん亡くなるので問題視されているとのこと。
メディアでは毎日ワクチン死者数を報道し、
どのように亡くなったのかを一人ひとり
取り上げて紹介しているという。



これによってワクチン接種を拒否する高齢者が続出。
台湾では昨日、アメリカからモデルナのワクチンが届き、
そちらに期待が高まっているという。

友人によると、台湾人の「コロナ脳」は日本人を
超えているのではないか、とのこと。
SARSの経験と、海外のコロナに関する映像を見て、
心の底からコロナを恐れているのだという。
外出自粛を徹底する人も多い。
政府もかなりの強硬策を取っており、
「国全体が完全なコロナ恐怖症で覆われています」
と嘆いていた。

ワクチン接種の危険性を報道しない
日本よりはマシに思えるけれど、
結局どっちもどっちか。
メディア次第なのだ。
コロナが怖いとメディアが叫べば、
皆がマスクをして自粛する。
ワクチンで死ぬとメディアが報じれば、
途端に打つのをやめる。
メディアの言うことを鵜呑みにすると、
結局は右往左往して不安と恐怖に支配されることになる。
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ