ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.20 09:42日々の出来事

ワクチンファシズムの進軍だ

昨日の「オドレら正気か?」生放送を、宮沢孝幸氏が
聴いてくれていて、書き込みもしてくれてたらしい。
わしはすでに宮沢氏の「京大おどろきのウイルス学講義」
も読んでいる。
ワクチンに関して、宮沢氏がどう語ってくれるかは、
「北海道ゴー宣道場」の焦点になると思う。

今日は井上正康氏との対談がある。
気がかりなのはワクチンに対して否定的な本は
Amazonから排除されるという噂だ。
本当なのだろうか?

厚労省がワクチン接種後、死亡した人たちの死因や
症状悪化の経緯を、今度発表しないかもしれない。
いよいよワクチンの死亡者隠蔽で、集団免疫を目指し
始めたか?

普通はこういう懸念こそ、野党が追及しなければ
ならないのに、野党は「左翼コロナ脳」だから、何も
期待できない。
マスコミもワクチンファシズムには荷担するようだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ