ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.30 09:55日々の出来事

「よしりん十番勝負」今週土曜はスケールのデカい議論をしたい

東浩紀の「ゲンロン戦記」を読んだ。
妙に面白かったし、ためになることもあった。
言論を会社にしようとしたら大変だな。

「彼らの見たいものをどう変えるか、それが啓蒙」
という言葉は教えられた。
すごく分かる気がする。

今週の土曜(7月3日)「よしりん十番勝負」がある。
ゲストは三浦瑠麗東浩紀
この二人なら思想的に徹底的に深いところまで
掘り下げることができるだろう。

コロナ禍で見えた絶望的なまでに臆病な国民の
体質、死生観がゼロ、生命至上主義の愚劣さ、
圧倒的に権威主義に傾いた国民、そもそも自由も
欲しくない国民、マスコミに完全洗脳される無知さ、
マスコミ世論に弱すぎる政権、立憲主義が全く
根付かない日本人、存在価値0の野党、そもそも
民主主義は可能なのか?日本は大丈夫なのか?
立て直す方法があるのか?

コロナ禍が始まるとき、東氏のゲンロンカフェで
話したら、ものすごく長時間だったので、あえて
今回は4時間とっている。
スケールのデカい議論をしてみたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ