ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.7.4 06:34日々の出来事

「よしりん十番勝負」大満足!

昨日の「よしりん十番勝負」は楽しかった。
悪天候だったにも関わらず、300人超の客席が
ぎっしりで、人流制限やら集会の自由やらの
基本的人権が奪われた日々の中で、多くの人たち
との連帯感を味わえて嬉しい。

三浦瑠麗と東浩紀はやっぱり啓発されるところが
多い知識人だ。
わしが期待していた議論の濃密さを見事に超えて
くれたので爽快だったが、今の日本にこれだけ
良質の議論をできる知識人や言論人がいるだろう
か?

なにしろコロナ恐いの全体主義に素直に従う畜群
ばかりなのだから、思想したかったのではなく、
えらそうにしたかっただけなのだと、底が知れて
しまった。

3人で4時間を駆け抜けていった爽快さは満足
だったが、さすがに場外乱闘のときは疲れが出て、
酒が一気に回って脳がしびれた。

7月11日の「北海道ゴー宣道場」では、宮沢孝幸・
萬田緑平の両氏がコロナ禍とワクチンの実態を暴い
てくれるだろう。

東浩紀氏が言った「20世紀の常識」と「21世紀の
常識」については、9月12日の「東海ゴー宣道場」
に繋がるテーマだ。

全体主義に屈しない日本人がいたという痕跡を
しっかり歴史に残してやろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ