ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.7.4 15:08日々の出来事

屋外でのマスク着用に意味がない

「屋外でのマスク着用に意味がない」という結論が
欧州で拡がっている。
マスクの屋外での着用は全く効果がないという科学者
の結論が次々に得られ、スイスも屋外でのマスク着用
義務は廃止された。

集団感染は換気の悪い密室で起きており、「屋外では
空気と混ざるのでウイルス濃度が低すぎる」という、
わしがずっと言ってきた全く当たり前の結論に達し、
「マスクを外せないのは心理的な問題や政治的な問題だ」
と科学者たちが言い始めた。

欧州がマスクを外せば、アメリカが追随し、そして最後に、
日本人がマネするのだろう。

そのとき、いわゆる「専門家」たちが全員間違っていて、
小林よしのりが徹頭徹尾、正しかったという結論になる。
「専門家とは一体何なのか?」、左翼コロナ脳の大バカ
連中も、間もなくコロナインフォデミックの戦犯として、
叩かれる日が来るだろう。

その時、玉川徹や自称専門家たちを吊るそう!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ