ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.7.25 12:24日々の出来事

渡名喜風南選手の面構えが素晴らしい!

東京オリンピックはヤバい!相当ヤバい!
コンテ描きながら横目でチラチラ見ているが、思わず
のめり込んでしまうから仕事が進まない。

内村航平や瀬戸大地やなでしこJAPANが敗退
したり、盤石と思っていた選手やチームが負けると
失望感が大きい。

昨日は、柔道の渡名喜風南選手の面構えが気に入
って、全試合見てしまった。
当然、男子柔道の高藤選手も全試合見てしまった。
渡名喜選手がビロディッドに勝った時はもう間違い
まく金メダルを取ると思ったのに、決勝戦で負けて
しまうとはあまりに残念!
渡名喜は銀メダルになった。
逆に、高藤選手の場合は、台湾の選手の方が強い
と感じていたのに、注意3回で勝ってしまったので、
金メダルは嬉しいが、なんか釈然としない。
柔道は一瞬が怖い!何が起こるか分からない。

今日は大橋悠依の競泳を見たが、強くて強くて、
なんと1着!金メダル!
あんな美人が金メダル!素晴らしい!
しかし水から上がってまたすぐマスクを着けて、顔を
隠すのが本当に歯がゆい!
もっとその美しい顔を見たかった。
水の中でも息ができないのに、水から上がっても
呼吸を制限するとは拷問だな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ