ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2021.8.13 12:49

クオモ・ニューヨーク州知事の辞任に寄せて

あたしコロナじゃないのよ、片頭痛の治療してんのよ。
すぐコロナ疑惑かけるのやめてほしいのよ。ぷりぷり。(おなら)

  
コロナ恐怖を煽る人々が
「2週間後はニューヨークになる!」
「ニューヨークのコロナ対策はすごい! PCR件数が半端ない!」

とさんざん利用していたニューヨーク州のクオモ知事ですが、
セクハラが認定されて、バイデン大統領から辞任を促され、
とうとう辞任です。
 
振り返っておきましょう。
公的機関が認定する前から、クオモ知事周辺の複数の女性から
セクハラの声が上がっていたわけなんですが、
メディアとしては、
ロックダウンと超ハイパーなPCR検査を意地でも絶賛するために、

クオモ知事を「アメリカのコロナ対策の父」と称賛し、
トランプ元大統領と対比させたり、
スウェーデンをバッシングして無理やり対比したりする傾向のほうが
強かったと思います。
それを日本のマスコミが大いに利用していました。
「ニューヨークのやることだから正しい」という不思議な前提により、
ノーチェック、ノー批判で。

「ロックダウンには意味があったのだと思い込みたい」

「ニューヨークの飲食店を壊滅状態と言えるほどまでに潰して、
失業者を急増
させても、正当防衛だった……はず」

「PCR検査を無尽蔵にやりまくって、ピンピンしてる人でも、
陽性ならばガンガン高額の補助金を渡してゆき、
『むしろ陽性で超ラッキーです』という人をごろごろ出したのは、
ムダではなかったと考えたい」

そんな目で、クオモ知事を眺めるメディアが多かったのでは
ないのでしょうか。
 
しかもクオモ知事、今年の頭に、ニューヨーク州での死者数を
9000人程度隠ぺいして、実際よりも半分も少なく見せていた
ことが発覚していましたよね。

あんなの大問題だと思うけど、いつの間にか流されて、
忘れられています。
いや、もしかしたらニューヨークのコロナ対策に憧れる日本人は、
そんな事実さえ知らないのかもしれません。
そもそもニューヨークは、ロックダウンするより前に、
陽性数がピークをこえて集団免疫の状態になり、自然な減少に
入っていたことも、私がいっくらグラフで示しても、

「まさか、かのニューヨーク州知事であらせられる、
クオモ知事様が間違っているとでも言うのか?」

みたいなノリですから、だーれも直視しませんでした。
それでいて、いま、日本でもロックダウンするべきだ、みたいな
うわ言が浮上しているわけです。
きちんと検証しておかなきゃいけないですよ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ