ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.9.6 10:00皇室

上皇陛下が記録の確かな歴代天皇の中で最長寿となられた

上皇陛下におかれては、去る9月3日、記録の確かな歴代天皇
(およそ推古天皇〔第33代〕以降)の中で最長寿となられた
(3万2千32日)。

心からお祝いを申し上げる。

これまで最長寿だったのは昭和天皇(第124代)。
昭和天皇は、昭和60年7月13日にご誕生より3万757日を迎えられ、
それまで最長寿だった江戸時代の後水尾天皇(第108代)より
長寿となられている。

その前日には次のような報道があった。

「歴代天皇の中で最長寿となられた天皇陛下(昭和天皇)は
『いつの間にか、こうなった。大したことではない』と淡々とされている。
…今年(昭和60年)4月、誕生日を前にした宮内記者会との会見では
『数字的な年齢で昔のひとと比べるのは難しい。
今は医学が発達しているが、後水尾天皇は環境が
お悪かったにもかかわらずご長寿となった。
私どもは感激もし、学ばなければならないと思います』

…『後水尾天皇は素質に加え、多方面にわたって学問、和歌、書など
幅広い趣味を持たれ、気力がすぐれていらした。…』」
(朝日新聞、昭和60年7月12日付)

後水尾天皇については、拙著『日本の10大天皇』(幻冬舎新書)で、
昭和天皇と共に取り上げている。

『昭和天皇実録』の記事も引用しておく。
「この日(昭和60年7月12日)、御誕生よりの日数が3万756日となり、
第108代後水尾天皇と並ばれる。
ただし天皇(昭和天皇)の御意向もあり、祝賀等の御長寿を祝う行事は
行わないこととされる。
なお、翌13日の吹上御所での御昼餐に際しては、
侍従長始め侍従・女官・侍医等20名より鰻重の献上をお受けになり、
皇后と共に一同に御相伴を仰せ付けられる」

昭和天皇ご自身が祝賀行事を辞退される「御意向」だった為に、
側近に仕える侍従らがポケットマネーを出し合って、
昭和天皇の好物だった鰻重を差し上げただけという、
まことにささやかなお祝いの仕方だった。

上皇陛下は当日をどのようにお過ごしになられただろうか。
上皇陛下が末永くお健やかに、心穏やかにお暮らし下さることを
切に祈り上げる。

しかし、上皇陛下に真にご安心戴く為には、1日も早く、
皇位の安定継承への道筋をお示しすることが、
どうしても欠かせないだろう。
非力ながら、そこに力を注ぎたい。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ