ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.10.1 10:24日々の出来事

さいとう・たかを、亡くなったか~~~。

『よしりん辻説法』のコンテを今日中に終わらせるぞ
という意気込みで、朝から仕事しています。
今日は天気が悪いからスタッフとの打ち上げは延期
した。月曜日だな。

土曜日、午後8時は「オドレら正気か?」生放送だ。
コロナが終わったら、この生放送も毎週やる必要は
なくなるが、次は皇統問題で2週間に1回くらい
やるかもしれない。

10月10日の岡山での「ゴー宣道場」は超重要だ。
眞子さま、小室圭との結婚で、いよいよ女性皇族は
足らなくなる。
佳子さまも皇室から出て行きたいだろう。当たり前だ。
愛子さまも間もなく20歳になられる。
皇室は終わるのかもしれない。

旧宮家系の男系男子の家族丸ごと皇室に引っ越し
すればいいなどと、聖域としての皇室を崩壊させる
タリバン保守に支配された政権ではダメだ。

皇室存続の見込みも怪しく、憲法改正も見通し暗く、
もうすべてダメなら、わしは個人的な仕事に集中して
おかねば、さいとう・たかをの年齢まであと20年もない。

代表作となるヒット作は次々出してきたが、わしはまだ
描きたいものがある。
まったく新たな代表作をまだ出せると思っている。

「ゴー宣道場」を基盤にして、皇統問題は高森明勅に
託し、憲法改正は倉持麟太郎に託して、わしは新たな
地平を目指すとなれば、理想的なのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ