ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.10.7 14:42皇室

女性セブン、もはや荒唐無稽の域に達している

10/21号の『女性セブン』にこんなタイトルが踊っている。

「秋篠宮さま『黒幕は誰だ!』小室圭さんに怒りの鉄拳」
ネットで公開されている記事はこちら。
https://www.news-postseven.com/archives/20211007_1697345.html?DETAIL

一読して、ぶったまげた。
ほとんど捏造のような記事ではないか。
米国での生活をサポートするという宮内庁の申し出に対し、
小室圭さんは「放っておいてくれ」という態度なので、
これには何か背後に黒幕がいるのではないか、
というのが要旨だ。
バカバカしい。全く荒唐無稽。
皇室関係者とやらのコメントがじつに悪質。

「秋篠宮さまが強く不信感を抱かれているのは、
“小室さんの背後で糸を引いている存在がいるのではないか”と
いうことだそうです」

「小室さんを動かす“黒幕”は誰か、宮内庁内でも
そこに神経質になっている人は少なくない」

「その存在(=黒幕)について小室さんに聞こうとも、
“お話ししたくない”の一点張り。
“そんな人はいません”と否定しないあたりが、
暗にその存在を肯定しているようで恐ろしいのです」

金銭トラブルについては小室圭さんが話し合いの席に着くよう
調整中ということに対して、
「これは果たして小室家側の発案なのでしょうか。
何か得体の知れない、不気味な存在が後ろにいるのではないかと
勘ぐってしまいます」

で、金銭問題を引き起こしたAさんに同情して締めくくっている。

・・・こんな記事、よく出せたもんだな。
女性週刊誌は皇族と共に歩んできたんじゃないのか。
良質な記事で、皇室のイメージアップにも寄与してきたはずの
女性週刊誌がこのありさま。
結局のところ、皇室の何たるかもさして勉強しないまま、
世の流れに迎合しているだけということを曝したに過ぎない。

バッシングに乗っかる軽薄さも嫌気がさすけど、
そもそも憶測と妄想が激しすぎる「皇室関係者」とやらの
コメントのみで記事を構成する、そのお手軽さにも反吐が出る。

週刊誌は売れてナンボ。
商売なんだから売れてナンボ。
そのスタンスは、よ~く理解できる。
しかしそのために良心と知性とジャーナリズムの矜持を
こんなにも簡単に手放せるものか。
私はそのことに絶望する。
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ